【セルジオ越後】助っ人のフィットが鍵!? 印象に残ったFC東京の強力3トップに、ホンモノ感が漂うオルンガ

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月25日

団子レースのなかで助っ人の活躍が鍵を握る?

開幕の札幌戦で2得点を挙げたオルンガ(14番)。今後の活躍を予感させる衝撃的なパフォーマンスを見せた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2020年のJリーグが開幕したね。昨シーズンの王者であるマリノスがいきなり敗れたり、アントラーズが3失点してあっけなく敗北を喫するなど、強豪と言われるチームがいきなり出足でつまずいている。今シーズンも上位と下位の差はそれほどない混戦模様のJリーグになることを予感しているようだ。

 各チームのキャスティングを見ても、やはりずば抜けて戦力値の高いチームはないし、またいつもの団子レースが展開されそうだけど、そんななかで開幕戦では助っ人外国人がうまくフィットしているチームもあった。

 例えば、FC東京だ。前線のブラジル人3トップ。ディエゴ・オリヴェイラを軸に今季加入したレアンドロ、アダイウトンのコンビネーションはさっそくACLでも威力を発揮していたし、エスパルス戦ではアルトゥール・シルバも含めて、4人のブラジル人選手がそれぞれの個性を発揮して逆転勝利に貢献していたよね。

 あるいはレイソルのオルンガ。J2では1試合に8点を取って驚かせたけど、J1でのパフォーマンスは未知数だった。だけど、開幕戦の2ゴールは、本当にインパクトのあるゴールで、これからも活躍を十分に予感させるものだった。久々に“ホンモノ”の匂いがするストライカーだよ。こうした助っ人のフィット具合も鍵を握るだろうね。

 また今年は東京オリンピックが開催される年で、メンバー入りへ五輪世代の選手たちがしのぎを削る戦いも見ものだよ。ただ、まだまだどの選手もアピールが足りないね。もっともっと貪欲に結果を求めてほしい。マリノスの遠藤だって、開幕スタメンには入ったものの、得点に絡むプレーはなかった。そもそも、そのスタメンの座にしてもマテウスが移籍して空いた席に入ったわけでしょ。実力で誰かからレギュラーを奪い取ったわけじゃない。厳しいことを言うようだけど、こういう選手は候補にはなるけど、目玉にはならないんだ。

 同じように、今年大学から期待されてフロンターレに入った旗手や三笘だって同じ。大卒1年目だろうが、何年目だろうが、プロは結果を残さなければ生き残っていけない。トップクラスのチームには優れた助っ人外国人や代表クラスの選手もいるけど、そういう選手たちとの競争に勝って初めて、五輪の舞台が近づいてくると考えるべきだよ。
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】清水1-3FC東京|ブラジル人トリオ躍動で逆転勝利! 全3ゴールに絡んだFWを最高評価に
「うちっぽくはないよね」開幕戦0-3黒星の鹿島、新戦術に挑む“チーム事情”と開始20分の“明るい未来”
タイ人らしさが消えたチャナティップ。敗戦後の取材エリアで見せた表情に、来日4年目の“変化”
【セルジオ越後】1点も獲ってないイニエスタがなんで主役扱い? ヴィッセルを判断するのは次の日韓対決だ
柏が開幕戦4発で好スタート! 江坂任&オルンガがともに2得点、札幌との打ち合いを制す

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ