【J1採点&寸評】清水1-3FC東京|ブラジル人トリオ躍動で逆転勝利! 全3ゴールに絡んだFWを最高評価に

カテゴリ:Jリーグ

前島芳雄

2020年02月24日

清水――主導権を握った先制点までの出来は収穫だが…

【警告】清水=なし FC東京=森重(45分)
【退場】清水=なし FC東京=なし
【MAN OF THE MATCH】レアンドロ(FC東京)

画像を見る

[J1リーグ1節]清水1-3FC東京/2月23日(日)/IAIスタジアム日本平
 
【チーム採点・寸評】
清水 5.5
前半から60分あたりまでは自分たちの形で戦い、主導権を握り先制点を奪ったところまでは大きな収穫。だが、その後の試合運びがつたなく、ミスも出てFC東京の個の力を抑えきることができなかった。
 
【清水|採点・寸評】
GK
32 ネト・ヴォルピ 6
PK2発を含めて3失点したが、危ないシーンをセーブした場面もあり、冷静なパスでビルドアップにも貢献した。
 
DF
21 奥井 諒 5
臨機応変なポジショニングや、豊富な運動量でよく攻撃に絡んだが、終盤は裏を突かれるシーンが目立ち、3失点目のパスミスも痛恨だった。
 
5 ヴァウド 6
対人の強さやカバーリングでピンチを未然に防いだシーンが多く、徐々に本領を発揮してきた印象だ。
 
2 立田悠悟 4.5
先制点の起点となるボール奪取は鮮やかだったが、もったいないファウルでPKを2回献上してしまったのは課題だろう。
 
8 石毛秀樹 5.5
攻守にハードワークを続けたが、パスミスもやや目立ち、攻撃面ではもっとクオリティを上げたい。
 
MF
20 中村慶太 6.5
ボランチとして安定したボールキープと、効果的な前へのパスでチームにリズムをもたらし、守備でも早い寄せを見せた。

28 西村恭史 6(84分OUT
プレーの自信や落ち着きが増し、中村と共に主導権を掌握。タイミングの良い前への飛び出しも光った。

14 後藤優介 5.5(90+1分OUT
トップ下として良い位置をとって縦パスを受けるという面で持ち味を発揮したが、その後のプレーはまだ物足りない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ