「滅多にお目にかかれない珍事だ!」ゼロックス杯の“9連続PK失敗”に海外メディアも驚嘆!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月08日

「上質なプレーを連発」とイニエスタを大絶賛

電光掲示板に並ぶ9つの「×」(下写真)。最後は山口(上写真)が決めてPK戦の激闘に終止符を打った。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 土曜日に行なわれた大注目のゼロックス・スーパーカップは、天皇杯王者・ヴィッセル神戸がPK戦の末に勝利を飾った。

 常に神戸がリードを維持する展開も、Jリーグ覇者の横浜F・マリノスは三度に渡って追いつくなど、見応えある攻防戦が繰り広げられた。それでも3-3のまま90分間では決着が付かず、試合は大会規定によりPK戦にもつれ込む。なんとここで観衆があっと驚くドラマが提供されるのだ。ともに2人ずつが決めて以降、9人連続でキッカーが失敗。埼玉スタジアムには失笑交じりの歓声がこだましたが、最後は神戸の山口蛍が冷静に決め、3-2でPK戦を制した。

 2020年シーズン最初のタイトルを獲得した神戸。この日奮迅の活躍を見せたアンドレス・イニエスタの母国、スペインのメディアも驚きをもって埼スタ決戦を速報した。バルセロナの地元ラジオ局『ESPORT3』は「9人が外したPK戦をヴィッセルがモノにして、日本のスーパーカップ優勝を手繰り寄せた」と銘打ち、次のように報じている。

「素晴らしい点の取り合いを経て、PK戦ではありえない珍事が展開された。信じられないことに9人の選手が枠を大きく外したり、バーに嫌われたり、キーパーに阻止されたりと、立て続けにPKを失敗したのだ。滅多にお目にかかれない奇妙な場面だろう。ちなみにアンドレスはヴィッセルの最初のPKキッカーとして、難なくゴールに蹴り込んでいる」

 
 そして同メディアは、イニエスタのパフォーマンスを大絶賛。「アンドレスはこの日も上質なプレーを連発した。相手のディフェンスをあざ笑うかのようなスルーパスで1点目をお膳立てし、チームの3点目もアシストしている(正しくはクロスが敵にあたって、こぼれ球を山口がねじ込んだ)。バルサで32冠、スペイン代表で3冠、そしてヴィッセルでも2冠目を奪取し、合計で37冠だ」とレポートしている。

 良くも悪くもエンターテインメント性に溢れていた今季のゼロックス杯。スペインのメディアもその“稀有な一戦”を堪能したようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】イニエスタの超絶アシスト、入り乱れた6ゴール、そして波乱のPK戦…ゼロックス杯の激闘ハイライトをチェック!

【PHOTO】天皇杯覇者の神戸が勝利!感動の喜びシーン&"イケメンスマイル"を一挙公開!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ