ブラジルでのホンダ・フィーバーは止まず。ついに本田圭佑を称えるサンバ・ミュージックも完成! 気になる歌詞は?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年02月06日

本田のお披露目会は盛大なイベントに

ブラジルで熱烈な歓迎を受けている本田。ついにはサンバの曲も作成された。 (C) Getty Images

画像を見る

 ブラジルに渡った日本サッカー界のカリスマを受け入れる準備は、着々と進んでいるようだ。

 現地時間1月31日にブラジルの名門ボタフォゴに移籍した元日本代表MF本田圭佑。クラブ史上初となる日本人プレーヤーは、2月8日に本拠地ニウトン・サントスでの“お披露目会”が決定している。

 入場に必要なものが、「長期保存のできる食料」ということもあって、大勢の熱狂的なサポーターの動員が予想されているそのお披露目会は、本人の挨拶のほかに、ボタフォゴU-17とボアビスタU-17の親善試合や地元DJによる音楽ライブなど、総合的なイベントになるとクラブから発表されている。

 そのイベントに先駆けて、本田に向けた一曲も作成された。ブラジル・メディア『Globo』は、同国のサンバミュージシャンであるレオ・ルッソ、マルセロ・アドネット、ワンダレイ・モンテイロが、「Arigatô, Fogão(ストーブの意)」と銘打った合作を作曲したと伝えた。

 小粋なリズムに合わせて、文字通り「アリガト」とボタフォゴへ入団した本田への感謝を歌ったこの曲。サビでは、次のように日本人への想いが込められた。

「ホンダ、群衆はあなたの燃料になる。不可能なことを可能にしてしまうんだ。新たにこの土地にやってきたカリオカ(リオ市民の意)。ホンダは新たなストーブだ。ありがとう、火よ。彼はサヨナラを言って日本を発った。ありがとう、火よ。私はボタフォゴ。誰も我々の愛を沈黙させることはできない」

 公式ファンクラブの登録者数がこれまで最多だった2017年に並ぶ400パーセント増を記録し、オフィシャルショップで販売されたユニホームが即完売するなど、地球の裏側で起きている“ホンダ・フィーバー”。その熱はしばらく冷めそうにない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ