スペイン帰還を望むアーセナルMF、有力視されたバレンシア移籍にはマドリーが待ったをかける

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年01月29日

古巣のベティスも候補に

EURO出場をめざすダニ・セバジョスは、出場機会が得られるチームへの移籍を望んでいる。(C)Getty Images

画像を見る

 バレンシアは、ロドリゴを売却した場合の後釜候補のひとりとして、アーセナルのダニ・セバジョスをリストアップしている。

 周知のとおり、セバジョスは昨夏、レアル・マドリーからアーセナルに1年間のレンタルで移籍した。ただ怪我の影響もあり、最近は出場機会に恵まれていない。今夏に開催されるEURO2020出場をめざすセバジョスは環境を変えることを望んでおり、そのためなら減俸も受け入れる覚悟だという。

 セカンドトップのロドリゴとパスセンスに優れたMFのセバジョスは、ポジションもタイプも異なる。しかし、MFでありながら得点力も備えたセバジョスは、4-3-3システムの定着をめざすバレンシアのアルベルト・セラーデス監督にとって魅力的な人材であるのは間違いない。

 レンタル元のマドリーとしても、このままアーセナルで燻り続けるよりは、出場機会を得られる環境でプレーしてもらったほうがありがたいはずで、半年間のレンタル移籍という手法も、資金繰りに苦しむバレンシアと、来夏まで去就問題をペンディングにしておきたいマドリーの双方にとって都合がいい形だった。
 
 とんとん拍子に進むかと思われた交渉はしかし、移籍市場のクローズが間近に迫った段階で停滞。心変わりを見せたのは、マドリーだった。『MARCA』紙によると、ラ・リーガ、チャンピオンズ・リーグ、コパ・デル・レイのすべてのコンペティションでタイトルを争うライバルの、戦力アップを手助けすることになるというのがその理由のようだ。

 移籍先としては古巣のベティスも浮上しているようだが、はたしてスペイン復帰を狙うセバジョスの願いは叶うのか。今後の数日間、このアンダルシア出身の若者の動向から目が離せない。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月23日号
    4月9日発売
    戦術&システムで
    読み解く
    J1&J2全40クラブの
    「10年史」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ