バルサのキケ・セティエン新監督がBチーム所属の逸材アタッカーに突然の戦力外通告!

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2020年01月29日

指揮官はノーコメントを貫く

ローマへの移籍が有力視されるC・ペレス。(C)Getty Images

画像を見る

 キケ・セティエンが監督に就任し、バルサ・ファンが真っ先に期待したのが、ポゼッション重視のフットボールの復活とカンテラの復権だった。

 バルサでの初陣となったグラナダ戦でキケ・セティエンは、前監督のエルネスト・バルベルデが冷遇していたバルサB所属のリキ・プッチを起用し、喝采を浴びている。しかしコパ・デル・レイのイビサ戦後に予期せぬ事態が起きた。
 
 バルサはこの試合、苦戦を強いられながらもアントワーヌ・グリエーズマンの2発でなんとか逆転勝利を飾ったが、そのフランス人FWとアンス・ファティとともに3トップの一角として先発出場したバルサBのエース、カルレス・ペレスに対して試合後、キケ・セティエンは戦力外通告を言い渡したのだ。

 C・ペレスはそのイビサ戦で後半開始早々にベンチに下げられていた。パフォーマンスに不満があったのは間違いないだろう。ただ、残り10分から途中出場したグラナダ戦とこのイビサ戦を見ただけで、カンテラの星に見切りをつけてしまうのはいかがなものか。

「ウスマンヌ・デンベレがまもなく復帰するから」という理由はもっともらしいが、入団以来ケガ続きのデンベレには常に故障のリスクが付きまとう。逆にC・ペレスは、開幕以来わずかな出場機会でもバルサ愛を前面に押し出してプレーしていた。

 あるメディアは「新たなFWを獲得する資金を調達するため」との説を唱えるが、このような形でカンテラーノを利用するのは後に禍根を残しかねない。

 キケ・セティエンはこの決断について現時点でノーコメントを貫いているが、バレンシア戦での敗戦とともに新監督の株を下げる出来事となったのは間違いない。

構成●ワールドサッカーダイジェスト編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ