「手本にしているGKは?」日本の高校年代に人気の守護神は――【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2020年01月03日

170㎝台のGKも少なくない

いずれも世界最高峰の(左上から時計回りで)アリソン、エデルソン、オブラク、テア・シュテーゲン。(C) Getty Images

画像を見る

 いま世界最高のGKは?

 意見は様々だろう。

 総合力なら“世界王者”リバプールのアリソンが、一番人気かもしれない。だが、セービングならアトレティコ・マドリーのヤン・オブラクを評価する声も少なくないだろうし、足下のテクニックに長けたエデルソン(マンチェスター・シティ)やマルク=アンドレ・
テア・シュテーゲン(バルセロナ)を推す人も、いまだマヌエル・ノイアー(バイエルン)が最高だと言う人もいるだろう。

 要は好みの問題だ。

 では、全国高校サッカー選手権大会に出場している高校年代のGKたちは、どの名手のプレースタイルを好み、手本にしているのだろうか。

 1回戦の大分戦でPK戦勝利の立役者となった矢板中央(栃木)の1年生GK藤井陽登は、目標にしている守護神にエデルソンとテア・シュテーゲンを挙げた。理由は、やはりキックの巧さ。自身もキックには自信を持っているようで、理想のGK像としているようだ。

 2回戦で好セーブを連発し、優勝候補の京都橘撃破に貢献した鵬学園(石川)の前原瑞穂(3年)も、手本にしているのはエデルソン。「守備範囲が広いところを参考にしています」という言葉通り、高い位置にポジショングを取り、積極的なプレーを披露した。

 筑陽学園(福岡)を相手に80m級のロングフィードでスタンドの観衆を驚かせた愛工大名電(愛知)の2年生GK安原哲平も、エデルソン推しのひとり。「キックの質でチャンスをつくり出せるところを参考にしています」と語っていた。

 藤井は180cm、前原は182cm、そして安原は181cmといずれも180cm台、選手権出場チームを見ても170㎝台のGKも少なくないなか、体躯には恵まれているほうだ。とはいえ、世界的に見ればGKとしては小柄な部類に入る。

 だからこそ、キックを極めなければ高いレベルにはいけないという思いがあるのだろう。もちろん、ユース年代で後方から丁寧にビルドアップするチームが増えているという流れも影響しているはずだ。

 選手権ではPK戦で活躍したGKにスポットライトが当たりがちだが、足下の技術に注目して見てみるのも面白い。

取材・文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

【選手権PHOTO】応援マネージャーも開会式に登場!寒空の下笑顔で歓声に応えたキュートな森七菜さん!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ