「彼はいい意味で天然なので…(笑)」帝京長岡のエース・晴山がハットトリック達成後に監督から“喝”! 一体なぜ?

カテゴリ:高校・ユース・その他

羽澄凜太郎(サッカーダイジェストWeb)

2020年01月03日

猛特訓の成果! ヘディングだけでハットトリック!

完璧なヘディングシュートを決めて笑顔を浮かべる晴山。彼のゴラッソには会場も大きく沸き返った。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 緑の精鋭軍団を牽引するエースが存在感を示した。

 1月3日、等々力陸上競技場で行なわれた全国高校サッカー選手権3回戦、帝京長岡(新潟)と神戸弘陵(兵庫)の一戦は、前者が5-0で制し、前回大会に続くベスト8へと駒を進めた。

 この試合で出色のパフォーマンスを披露したのが、帝京長岡のエースストライカー、晴山岬(3年)だ。

 スコアレスで終えた前半は、相手の大型CB田平起也(3年)のマンマークにあって、鳴りを潜めた晴山。だが、「自分に強くきていたので、それを逆手に取って、味方を使えればっていうのはイメージをしていた」と焦りはなかった。

 そして、晴山は、チームが後半1分に矢尾板岳斗(3年)のゴールで先手を取った9分後に見せ場を迎える。田中克幸(3年)が放った右サイドからのクロスボールに対して、ファーサイドに回り込み、ヘディングシュートをゴールに沈めたのだ。

 2試合連続のヘディング弾を決めたナンバー10は、こうなると止まらない。後半34分に川上航立のゴールで帝京長岡が3点差を付けたわずか1分後に再び頭でゴラッソを叩き込むと、試合終了間際の後半39分には、左からのCKで、前半に苦しめられた田平のマークを剥がして、この日、3本目となるヘディング弾を決めた。

 当人も今回のハットトリックには、相当な手応えがあった。もとより左右両足のキック精度に長け、得点パターンは豊富な晴山だが、ヘディングに関しては、「自分の弱み」と感じていた。

 それだけにかなりの練習時間を割いてきた。試合後、晴山は、「自分でも正直ビックリしている」とはにかみながら、チームメイトと“猛特訓”を行なっていたことを明かした。

「猪越にキーパーをやってもらって、吉田(晴)とかにクロスを上げてもらってヘディングで決めるっていう練習は積み重ねてきました。一日50本以上は絶対にやってます。色々な失敗を重ねて、成長に繋がっていると思います。それがこの大会で表現できたのが嬉しいし、クロスを上げてくれたみんなに感謝したいですね」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ