「自分がチームを勝たせられなかったのが悔しい」立正大淞南、攻撃の要・山田真夏斗が示した能力の片鱗【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2019年12月31日

セットしたボールが何度も風で押し流され…

松本山雅への加入が内定している山田真夏斗。写真:浦正弘

画像を見る

[高校選手権1回戦]富山一2(4PK3)2立正大淞南/12月31日(火)/駒場

 セットしたボールが何度も風で押し流された。その度にボールを置き直し、そして助走から放ったシュートは富山一のGK中村純四郎の手の中に収まった。

 選手権1回戦・立正大淞南VS富山一の一戦。来季の松本山雅FC入りが内定している立正大淞南のFW山田真夏斗の最後の大会は、2−2から突入したPK戦の末に終わった。

「自分がチームを勝たせられなかったのが悔しいし、応援してくれた人たちに申し訳ない」

 試合後、山田はこう口にしたが、強風が吹き咲く中で行われた両チームとって非常に難しい戦いの中で、彼は持っている能力の片鱗は示すことができた。

『4-1-3-2』のトップ下に位置する彼は、183cmの高さを持ちながらも両足が蹴れてスピードもあるという、類い稀な能力を活かしてフリーマン的に動き、時にはパサーとして、時にはストライカーとしてゴールに迫ることが出来る多彩さを持つ。

 前半は「相手の寄せが早く、僕があまりボールを持ちすぎてしまうとやられてしまうので、周りを生かしながら得意なプレーをした」と語ったように、バイタルエリアに顔を出して、斜めのチャレンジパスを足元に正確に収めてから、寄せてくる前に素早くサイドに展開したり、スルーパスを狙うなど、攻撃の中心としてリズムをもたらした。

 32分には左FKを得ると、「速いボールで狙えば誰かが触ってくれると思った」と正確な右足でファーサイドに飛び込んだDF松村巧に向かって、ゴールに向かうボールを送り込むと、松村と競り合ったDFのオウンゴールを誘発した。

 後半に入ると、さらに風は強まり、風上から風下に回ったことで相手の狙いを持ったロングボールに徐々にディフェンスラインが下がってしまった。彼も前半までの高い位置から低い位置でプレーする回数が増えた。

 だが、ここでも彼は頭を働かせて、自分のストロングを活かした。セカンドの回収率が悪いと見ると、ポジションを落としてプレスバックの質を高めた。

「ボールを触る回数を増やしたかったので、自分が取りに行って、そこから攻撃を意識していた。それにこの状況の中で自分が一番受けやすいところで受けて、攻撃を組み立てようとした」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ