初出場・専大北上の初ゴールはまたもこの男! 菊地の先制ミドル弾が夏に続く初戦突破を呼び込む【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

熊介子(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年12月31日

インハイに続き、チームの初得点をマーク

先制点を決めた菊地(7番)。チームを勢いづけた。 写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 12月31日、NACK5スタジアム大宮で第98回全国サッカー選手権大会の1回戦が行なわれ、岩手県代表の専大北上と佐賀県代表の龍谷が対戦。3-1で専大北上が勝利を収め、2回戦に駒を進めた。

 ボールの軌道がゆがむほどの横殴りの強風が吹きつけるなか、選手権初出場の専大北上が前半から主導権を握った。15分、菊地竜空がボックス前付近で左側にドリブルで切り込み、右足を振り抜く。ミドルシュートは勢いよくゴールに吸い込まれ、待望の先制点を奪った。

 さらに、21分には2年生の阿部耀仁が左サイドから切り込み、DFと入れ替わるような巧みなポジショニングから放ったシュートが、ネットを揺らす。30分にはDFのパスカットからボールを受けた阿部が、ハーフウェーライン付近から持ち上がり、ボックス前で冷静にシュート。追加点を挙げ、前半だけで3点のリードを得た。

 追いかける龍谷は後半開始早々からロングボールとサイド攻撃で専大北上の最終ラインを揺さぶる。右サイドで大石遼馬と石橋啓士を起点に再三チャンスを作り、67分には大石からのスルーパスに反応した石橋が1点を返すが、それ以上の決定機を生み出すことができず、試合終了のホイッスルを迎えた。

 試合後、専大北上の小原昭弘監督は「前半をいい流れで折り返すことができたことが最大の勝因。1点でも決められていたら展開は違ったかもしれない」と振り返った。

 そんななかで、貴重な先制ゴールを挙げたのが菊地だ。夏に初出場したインターハイで、同大会初勝利を挙げた大社(島根)戦でも先制点を決めている。

 小原監督いわく、「あまりボックス外からのシュートを打っているところを見ない」そうだが、菊地自身は「せっかく初出場の選手権なのだから、思い切ってプレーしよう」と考えていたという。

「インターハイでも初出場で初ゴールで、選手権でもこうして初ゴールを決めることができて嬉しい。仲間たちも喜んでくれましたし、勝つことができて良かった。シュートは相手の動きも良く見えていたので、やれると思った。きれいに決まってよかったです」

 その後に2ゴールを奪った後輩の阿部も「あのシュートはすごかった」と感嘆した菊地のミドルシュート。選手権に賭ける思い切りの良さが生んだ先制点は、チームを勢いづけ、勝利への道を切り開いた。

 同校はインターハイでは2回戦で優勝候補の一角・京都橘に1-1と競り合った末、PK戦で敗退。そして今回の選手権では、1回戦で開幕戦で8-0という大勝を挙げた國學院久我山との対戦となる。

 1回戦では前半早々に龍谷にあわやゴールを許すのではという場面もあり、後半は押し込まれる時間帯が続いた。流れを変えるために74分には2枚替えなどで打開を図ったが、小原監督は「修正しきれなかった。課題は残っている」と話す。

 それでも、龍谷との一戦を制したことは選手にとって大きな自信にもなったはず。就任20年目を迎えた小原監督のもとで実を結びつつある専大北上のポゼッションサッカーは、國學院久我山との一戦で再び開花するだろうか。

取材・文●熊介子(サッカーダイジェストWeb編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月26日号
    11月12日発売
    “超”先取りJ移籍マーケット
    オフを賑わす主役候補10人&
    J1全18クラブの陣容予測
    引退表明の中村憲剛の特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ