欧州王者のアンタッチャブルな課題解決の鍵に!? リバプールの戦術から紐解く南野拓実の可能性

カテゴリ:メガクラブ

内藤秀明

2019年12月21日

クラブ史上初の日本人獲得が意味するものとは?

攻撃陣は多士済々のリバプールにあって、南野はどのような起用をされるのか? チーム事情と戦術から分析する。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地12月19日、リバプールは、レッドブル・ザルツブルクに所属する日本代表FWの南野拓実を獲得すると発表した。現地報道によれば、生じる違約金は725万ポンド(約10億1500万円)で、契約期間は2024年6月までのおよそ4年半になるという。

 このクラブ史上初となる日本人プレーヤーの補強はレッズ(リバプールの愛称)にとって何を意味するのだろうか。

 そもそも近年のリバプールは、モハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネのワールドクラスの3トップの代わりがいないという大きな課題を抱えていた。

 昨シーズンに14年ぶりの欧州王者に輝き、迎えた今シーズンはプレミアリーグで首位をひた走り、一時代を築きつつあるリバプール。その源泉が破壊力抜群の3トップにあるのは、言うまでもない。

 今シーズンからカウンターからポゼッションサッカーに志向を転換しつつあるユルゲン・クロップのチームにあって、彼らの存在感は変わらない。

 フィルミーノが中央で起点となり、両翼のマネとサラーがスピードを活かして突破しつつ、時にはクリエイティブなパスワークで相手を翻弄してゴールを量産する。プレミアリーグでの総得点数「42」のうち半分にあたる22点を彼らは叩き出しているのだ。

 だからこそ、彼らのうちの一人でも欠けてしまうと、途端にチームの攻撃力は半減する。

 もちろん、控えが全くいないわけではない。昨シーズンに途中出場で重要なゴールを決め、スーパーサブとしての新境地を開いたディボック・オリギや、高精度の左足のキックを持っているジェルダン・シャキリはいる。彼らが現在のスカッドにおいて、不可欠な存在であることは間違いないが、高い万能性を誇る3トップと比べると、どうしても見劣りしてしまうのだ。

 幸いなことに、マネ、フィルミーノ、サラーは、筋肉系のトラブルで2~3試合の欠場はあるが、中長期の負傷はほとんどない。それゆえにリバプールの3人に対する依存度は高まっているのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ