南野拓実がレギュラーを掴む可能性は!? 気になるライバルは!? リバプールの最新序列をチェック

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月21日

“マルチ”な南野はインサイドハーフで起用される可能性も

これがリバプールの最新序列だ。最終ラインから最前線まで豪華なメンバーが居並ぶ。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 現地時間12月19日、リバプールは、レッドブル・ザルツブルクの日本代表FW南野拓実を完全移籍で獲得したと発表した。

 英公共放送『BBC』を始めとする現地メディアによれば、リバプールは違約金725万ポンド(約10億1500万円)をザルツブルクに支払うことで合意。契約期間は2024年6月までのおよそ4年半になるという。

 24歳のサムライ戦士が加わったリバプールは、“超”が付くほどの名門だ。昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)制覇を含め、イギリスのクラブチームでは最多となる6度の欧州制覇を経験。国内トップリーグの優勝回数も18回を誇っている。

 目下、プレミアリーグで首位を独走し、30年ぶりのトップリーグ制覇を目指しているレッズの陣容には、錚々たる名手たちが顔を並べるが、南野にチャンスは訪れるのか。基本システムとなる4-3-3での序列を整理した。

 GKと4バックは基本的に固定されている。守護神はビルドアップ能力にも長けたアリソンが正守護神を務め、最終ラインは右からトレント・アレクサンダー=アーノルド、ジョエル・マティプ、フィルジル・ファン・ダイク、アンドリュー・ロバートソンが君臨する。現在はマティプとその控えであるデヤン・ロブレンが故障を抱えており、ジョー・ゴメスが穴埋め役を担っているが、よほどのことがない限りは、守備の陣容に変動はない。

 中盤は、ファビーニョがアンカーを務めるが、そのブラジル代表MFが左足首を負傷して約1か月半の離脱を強いられている現在は、右インサイドハーフで起用されてきた主将のジョーダン・ヘンダーソンが代役を担っている。
 
 それに伴い、インサイドハーフは、ジョルジニオ・ヴァイナルダム、ナビ・ケイタ、ジェームズ・ミルナー、アレックス・チェンバレン、アダム・ララーナが過密日程の疲労度を考慮されながら起用されている。

 だが、ララーナとチェンバレンは、ユルゲン・クロップ監督の志向するゲーゲンプレスを体現するうえで求められる運動量の面で、劣っている感が否めず。ザルツブルクでは、インサイドハーフやトップ下も器用にこなしたマルチな南野が、ここで起用される可能性も小さくない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ