「彼に必要なのはゴールだけだった」ネイマール、カバーニにPKを譲った理由を明かす

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月12日

ネイマールはCL1年ぶりの先発で1G1A

カバーニにボールを手渡し、PKを譲ったネイマール。 (C)Getty Images

画像を見る

 現地時間12月11日にチャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージ第6節が行なわれ、グループAのパリ・サンジェルマンはホームに長友佑都が所属するガラタサライを迎え、5-0で勝利している。

 すでにグループAの首位通過を決めていたパリSGだが、トーマス・トゥヘル監督はほぼベストメンバーで先発を構成。そして、CLで1年ぶりに先発したネイマールは、1G1Aという活躍で勝利に貢献した。また、キリアン・エムバペやマウロ・イカルディ、パブロ・サラビアらとの連係プレーも光った。

 そんななか、終盤にエムバペが獲得したPKで、通常であればネイマールがキッカーを務めるところを、あえて途中出場のエディンソン・カバーニに譲る場面があった。

 このシーンは現地でも非常に驚きを以って報じられている。フランスのテレビ局『RMC sports』は、試合後のネイマールに「なぜカバーニに譲ったのか?」と訊ね、ネイマールはこう答えている。

「彼は素晴らしいPKキッカーだ。素晴らしいプレーヤーだし、(復帰した)カバーニに不足しているのは得点することだけだった。結果、ゴールを決めて、みんなが幸せだ。もちろん、ぼくもパリで幸せだ。フットボールができて、ピッチの上で仲間とボールを追いかけることができる。それだけが、今僕がここにいる理由だよ」

 さらに、試合後の記者会見で、トゥヘル監督もネイマールを手放しで称賛した。

「今日のプレーぶりを見ても、もっと良くなるだろう。ボールを保持していないときも必死でプレーしている。本調子に戻りつつあるといっていい。とても良かった。カバーニにPKを譲ったことも、チームのことを考えた、素晴らしい判断だった。

 知られていないかもしれないが、ネイはとても寛大な心を持っている。それをみんなに示したほうがいいと思っているよ。 確かに多感な”少年”な一面はあるが、私は彼がチームのシンボルになってくれることを願っている」

 CLで見事決勝トーナメント進出を決めたパリSG。トーナメントのドローは現地16日に行なわれる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ