「すっかり彼のファンだ」「フィルミーノになれる」リバプールサポが南野拓実へ熱視線!敵将クロップもザルツを絶賛

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月11日

前回王者のリバプールとの大一番

惜しいチャンスもあった南野だが、ゴールは奪えなかった。 (C) GEPA pictures/ Mathias Mandl

画像を見る

 現地時間12月10日、チャンピオンズ・リーグ(CL)のグループステージの最終節が行なわれた。グループEでは、オーストリアのレッドブル・アレーナで、3位のレッドブル・ザルツブルクと首位のリバプールが対戦。ともに敗北すればグループステージ敗退の可能性があった大一番は、リバプールが2-0で勝利。苦しみながらも、決勝トーナメント進出を決めた。

 敗れたとはいえ、健闘したザルツブルクに、リバプールのユルゲン・クロップ監督や選手たちは、惜しみない賛辞を送っている。クロップは試合後の記者会見で、「ザルツブルクに最大限の敬意を表する」と語り、次のように続けた。オーストリアのTV局『LAORA.1』が報じている。

「インテンシティーの高いゲームだった。ザルツブルクが試合開始から激しく来たことに驚きはなかった。それだけの力を持っていると知っていた。我々が決めた2ゴールの後も、(アーリング・)ハーランドとファン・ヒチャンがフィルジル・ファン・ダイクとデュエルし続けていたので、安心する暇はなかったよ」

 また、そのハーランドやファン・ヒチャン、南野拓実らのアタッカー陣と対峙したファン・ダイクはこう語った。

「ザルツブルクはノックアウトステージに値する。非常にいいチームであり、良い選手たちが揃っている。プレッシャーも早く、僕らも必死に対処していた。きっと(3位で回ることになった)ヨーロッパリーグでも彼らは人々を驚かせるだろう」
 

 また、リバプールのサポーターからは、ハーランドや南野に対して「獲得すべき」という声も上がっているようだ。ツイッター上では、あるサポーターがザルツブルクのハーランド、南野、ファン・ヒチャン、ドミニク・ショボスライの4人のうち、「リバプールのために誰を購入すべきか?」といった独自のアンケートを展開。次のようなコメントとともに、南野の名を挙げているサポーターが非常に多い。

「ミナミノは間違いなくクロップが好きなタイプのプレーヤーだ」
「彼は将来フィルミーノになれる」
「一番印象に残っているのはミナミノ」
「最も僕らのチームにフィットしそうなのは彼だ」
「いったいどこまで走っていくのか分からなかった。あの脚力は魅力だ」
「まるでロボットのように無尽蔵のスタミナ」
「もうすっかり彼のファンだよ。スペースを見つけるのが抜群にうまい!」

 ザルツブルクで6年目を迎えている南野。そろそろステップアップ移籍するタイミングだが、リバプール・サポーターの願いは、実現するだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ