• トップ
  • ニュース一覧
  • 「あるまじき行為だ」「惜敗などではない!」中国メディアが日本戦の母国代表チームを辛辣批評!

「あるまじき行為だ」「惜敗などではない!」中国メディアが日本戦の母国代表チームを辛辣批評!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年12月11日

「テスト色の濃いチームにA代表が敗れ去った」

頭部へのキックや肘打ちなど、中国には度の過ぎたコンタクトプレーが散見された。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 12月10日に韓国の釜山で行なわれたE-1東アジア選手権の第1戦、日本対中国のゲームは、2-1で森保ジャパンがモノにした。

 日本は29分に鈴木武蔵が均衡を破るゴールを挙げ、70分にはCKから三浦弦太のヘディング弾でリードを広げる。終盤は中国の猛攻を受けてアディショナルタイムに1点を奪われるも、見事に逃げ切った。

 中国代表にしてみれば、1点差での惜敗と捉えてもおかしくない一戦だったが、中国全国スポーツ紙『新浪体育』の論調はあくまで厳しい。リ・ティエ暫定監督が率いる母国代表チームを以下のように断じている。

「中国は立ち上がりから、まるで守備にフォーカスできていなかった。自陣でのパスミスなど目を覆いたくなるプレーが頻発し、日本の選手に対するラフプレーも横行。とりわけ(31分に)ジャン・ジーポンが橋岡大樹の頭にフライングキックをお見舞いしたのはあるまじき行為であり、VARを見るまでもなく即退場のファウルだ。これを警告にとどめた主審はその後に明らかな日本のPKも見逃しており、本当なら中国は前半で引導を渡されていたはずだった。よって、惜敗などではない。お粗末なジャッジに助けられ、最終的に1点差という接戦を演じられたに過ぎない」

 
 とはいえ、最後まで攻めの姿勢を貫き、1ゴールを返した点は評価。「リ・ティエが狙いとするパス・サッカーの一端は見られたし、ゼロ点で終わるよりも1点を取れたことはひとつの成果だ」と記した。そのうえで日本代表については、「東京五輪をも睨んだ若手中心のチーム編成にあって、見るべきポイントが少なくなかったのではないか」と持ち上げ、「そうしたテスト色の濃いチームに、経験豊富な“A代表”が敗れ去った。その事実を忘れてはいけない」と諭した。

 男子の大会2日目は週末の開催。土曜日に日本は香港と、日曜日に中国は韓国と次戦を戦う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【動画】危険なカンフーキックの決定的瞬間も…日本対中国戦のハイライトをチェック!

【代表PHOTO】中国 1-2 日本|鈴木武蔵の代表初ゴール、三浦弦太の追加点で初戦白星スタート!
【関連記事】
「日本人はサッカーをよく知っている」中国メディアが日中両代表チーム間の“小さくない差”を指摘
「むしろ彼の頭がぶつかってきたんだ!」橋岡にカンフーキックを見舞った中国代表選手の“言い分”が…
「恐韓症だ!」「世界では珍しくない」韓国メディアの“踏みつけ騒動”反論に中国紙は唖然と…
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
「大失敗だ!」「口紅で追放なんて馬鹿げている」中国紙がU-19中国女子代表の韓国人監督を糾弾!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ