【横浜】2得点“1アシスト”のエリキが示したチームプレー

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年11月30日

ハットトリックよりも“勝点3”を優先

2得点・1アシスト。非凡な決定力を示したエリキが4-1の完勝の立役者に。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ第33節]川崎1-4横浜/11月30日/等々力

 連覇中のディフェンディングチャンピオンを粉砕する圧巻のパフォーマンスだった。

 1-0で迎えた49分、松原健のスルーパスを受けて、チーム2点目を正確に流し込んだエリキは、69分には仲川輝人のクロスに反応して、3-0とするゴールをゲット。その後、チームは1点を返されたが、89分には勝利を決定づける遠藤渓太のダメ押し点をお膳立て。2得点・1アシストの活躍で、4-1の完勝へと導いた。

「ダービーで、難しい試合の中でも、僕たちのサッカーができて、今までやってきたこと、練習で準備してきたことをピッチで表現できました」

 攻撃の中心にいたエリキは、遠藤のゴールの場面では自分でもシュートを打てるシチュエーションだったが、フリーだった遠藤への横パスを選択。どんな判断だったのか?

「決める自信は正直、ありましたけど、あの時は1点を返されて、難しい流れだったので、確率の高いほうを選択しました。渓太がすごく良いポジションにいたので」

 自身のハットトリックよりも、“勝点3”を優先。独善的にならなかったエリキのチームプレーが光ったワンシーンだった。

取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【エリキPHOTO】サービス精神旺盛!2ゴール1アシストの大活躍!!

【仲川輝人PHOTO】「優勝まで停まりません!」ハマの"新幹線"が得点ランク首位に並ぶ15ゴール目で先制!
 
【関連記事】
【J1採点&寸評】川崎 1-4 横浜|2ゴール・1アシストと大暴れのエリキが最高点!対して4失点の川崎守備陣は…
【浦和】横浜を援護射撃⁉ FC東京戦でゴールを演出した“元マリノスコンビ”
4発快勝の横浜が15年ぶりの優勝へ近づく!浦和とドローのFC東京は最終節の直接対決で4点差以上の勝利が必要に…
【横浜】優勝に王手をかけ、今季初めて“追われる立場”に。選手たちの反応は?
【横浜】攻撃的だからこその強み。攻めれば攻めるほど守備がハマるメカニズム

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ