【浦和】横浜を援護射撃⁉ FC東京戦でゴールを演出した“元マリノスコンビ”

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年11月30日

山中のシュートのこぼれ球を、マルティノスが押し込む

マルティノスはFC東京戦で値千金の先制点を奪取。これが古巣横浜にとっても大きな価値のある1点に。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1・32節]FC東京1-1浦和/11月30日/味の素スタジアム

 11月30日に味の素スタジアムで行なわれた33節・FC東京対浦和レッズ戦の39分。敵陣内中央でボールを受けた山中亮輔は、鋭く左足を振り抜き強烈なミドルシュートを放つ。これをGKが弾いたこぼれ球にいち早く反応したマルティノスは、すかさずゴールに突き刺し、先制ゴールを奪った。

 その後浦和は1失点して勝利を収められなかったものの、リーグ優勝を争う首都クラブに勝点3を与えなかった。

 この結果は、同時刻にキックオフした川崎フロンターレ戦で4-1の快勝を収めた横浜F・マリノスにとっては、かなり大きい。1試合を残して、首位の横浜と2位のFC東京の勝点差は3で、得失点差7にまで広がった。最終節の直接対決では、これがひっくり返るには4点差以上のスコアでFC東京が勝った場合のみと、横浜に絶対的に有利な状況となったのである。
 
 つまり、奇しくも、2年前まで横浜に在籍していたマルティノスと今年横浜から浦和へと移籍した山中亮輔という元横浜のふたりが、古巣のリーグ優勝をグッと近づけたのだ。

「まずは自分のため、そして残留を争う浦和レッズのため」というマルティノスは続けて、「マリノスでは良い時間を過ごせた。なにより彼らが良い位置にいれたのはいいことですね」と古巣の躍進を称えた。

 横浜がJ1制覇を果たした場合、浦和の“元マリノスコンビ”が 陰の功労者として称えられるかもしれない。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ