4発快勝の横浜が15年ぶりの優勝へ近づく!浦和とドローのFC東京は最終節の直接対決で4点差以上の勝利が必要に…

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月30日

仲川輝人の得点ランク首位に並ぶ15ゴール目で先制!

仲川が開始8分にマテウスからのクロスを押し込み先制した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは11月30日、各地で33節の9試合を開催。大詰めの優勝争いは、首位の横浜F・マリノスが4-1で川崎フロンターレに勝利し、15年ぶり4度目の優勝に大きく近づいた。一方、2位のFC東京はホームで浦和レッズと1-1の引き分けに終わっている。

 等々力陸上競技場で行なわれた川崎対横浜の一戦は、開始8分に左サイドを破った横浜がマテウスからのクロスを仲川輝人が押し込み先制。仲川は得点ランク首位タイとなる15点目を決めた。

 前半を1点リードで折り返した横浜は後半立ち上がりの49分に松原健からのスルーパスをエリキが落ち着いて沈め2点目。さらに69分にもエリキがこの日2点目となる得点で3-0とリードを広げる。横浜は川崎の反撃を1点に抑えて、さらに終盤には遠藤渓太がダメ押しの1点を奪い、4-1で勝利を収めた。

 味の素スタジアムで行なわれたFC東京対浦和は、立ち上がりからFC東京が押し込むものの、浦和は39分にCKからのこぼれ球をマルティノスが蹴り込み先制。浦和リードで前半を折り返す。後半、FC東京が反撃。69分にCKからのこぼれ球を田川亨介が押し込み同点に追いつく。しかし、勝ち越しのゴールは奪い切れず、1-1のドロー決着となった。

 この結果、最終節を前に横浜が勝点67、FC東京は同64となり、1,2位は3ポイント差となった。横浜は得失点差で27、FC東京は20となっており、両者の直接対決となる最終戦では、横浜は3点差で敗れても優勝がきまることとなる。一方のFC東京は4点差以上での勝利が必要になる。

【仲川輝人PHOTO】「優勝まで停まりません!」ハマの"新幹線"が得点ランク首位に並ぶ15ゴール目で先制!

【エリキPHOTO】サービス精神旺盛!2ゴール1アシストの大活躍!

【FC東京1-1浦和 PHOTO】難敵浦和相手にドロー!優勝の行方は最終節へ

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ