イブラヒモビッチの銅像が燃やされる!? 宿敵の共同オーナー就任発表で古巣マルメ・ファンが憤慨

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月28日

英雄だった男の“決断”に怒り

堂々と建てられたイブラヒモビッチの銅像だが、激怒したファンたちはこれを破壊した。 (C) Getty Images

画像を見る

 偉大なレジェンドの決断を、古巣ファンは快く思わなかったようだ。

 現地時間11月27日、スウェーデンの古豪ハンマルビーIFは、元マンチェスター・ユナイテッドのFWズラタン・イブラヒモビッチが、クラブの株式を取得したと発表した。

 英紙『The Sun』によれば、イブラヒモビッチは、自身が先月まで所属していたロサンゼルス・ギャラクシーの運営会社でもある『Anschutz Entertainment Group』が所有していたハンマルビーの株のうち、およそ25パーセントを取得し、事実上の共同オーナーとなったと報じた。

 現在38歳のイブラヒモビッチは、ここ最近、去就が注目されるひとりだ。先月12日にLAギャラクシーとの契約満了に伴ってフリーの身となると、ミランやボローニャ、ナポリといったセリエAの複数クラブから、過去に師弟関係にあったジョゼ・モウリーニョが就任したトッテナムなど、様々な移籍の噂が飛び交っている。

 その新天地の候補のひとつに、イブラヒモビッチが下部組織時代から6年を過ごしたマルメも挙げられていた。同クラブは今年10月に銅像を建造するなど、同選手をいわば英雄として崇めている。

 ファン人気も高かっただけに、マルメのライバルクラブであるハンマルビーの株をイブラヒモビッチが買い取ったことで、思わぬ騒動が発生した。なんと、銅像が破壊行為を受けたのだ。

『The Sun』が紹介したSNSの動画には、27日に複数のマルメ・サポーターがイブラヒモビッチの銅像に火を付けている様子が映し出され、腕や頭部にトイレの便座やビニールシートがかけられ、地面には人種差別的なメッセージがスプレーで落書きされた画像も確認されている。

 ちなみにイブラヒモビッチ自身は、「プレーヤーとしてスウェーデンに戻るつもりはないと10年間言い続けてきた。それはあり得ない」と断言。さらにマルメに対しては、次のようにコメントしている。

「ハンマルビーとのことは、俺がマルメにしてきたこととは全く別の話だ。キャリアをスタートした場所とは何の関係もない。俺がやってきたことは永遠に残るんだ」

 なお、今回の騒動に関して、地元当局は、犯人の逮捕の為に捜査を開始するとしている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ