南野拓実がCLで今季2ゴール目& ハーランドは5試合連発! ザルツブルクがヘンクに4発快勝を飾る!【CL】

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月28日

南野はリバプール戦以来のCLでのゴール

CLでのスコアポイントを2ゴール・3アシストに伸ばした南野。 (C) GEPA pictures/ Mathias Mandl

画像を見る

 現地時間11月27日、チャンピオンズ・リーグ(CL)第5節が行なわれ、グループEのレッドブル・ザルツブルクはアウェーでヘンクと対戦。ザルツブルクの南野拓実、ヘンクの伊東純也が先発し、再びの日本人対決が実現した。

 ザルツブルクにとっては、グループステージ突破の可能性を残すため、そしてヘンクにとっては3位に入ってヨーロッパリーグへの参加権を得るため、かつ同コンペティション初勝利のため、お互いに負けられない一戦となった。

 試合の主導権を握ったのは、アウェーチームだった。注目の新鋭アーリング・ハーランドはベンチスタートとなったが、前線のパトソン・ダカ、ファン・ヒチャン、南野の連携でチャンスを創出し、何度もヘンクのゴールに襲い掛かる。しかし、フィニッシュの精度を欠き、決定的な場面が訪れない。

 じりじりとした攻防が繰り広げられていた43分、ザルツブルクFWのパトソン・ダカ、45分には南野が2点目を叩き込み、前半を2ー0で折り返した。

 後半に入り、スコアが動かなくなった62分、ザルツブルクはダカに代えてハーランドを投入。すると19歳FWは69分、ゴール前で守備陣を翻弄しながらファン・ヒチャンのゴールをお膳立てするという仕事もこなしてみせた。さらに、79分にはショボスライと交代して奥川雅也が登場。CL初出場を果たしている。

 アウェーチームは85分にヘンクのサマッタに1点を許すが、87分にはハーランドがダメ押しの4点目を押し込み、再び突き放す。ハーランドはこれで、初出場のCL第1節から5試合連続ゴールを達成している。

 一方、対峙した伊東はサイドからのクロスやミドルシュートを放つなど積極的な姿勢をみせた。79分にピッチを退くまで積極的にプレーしたが、決定的なシュートはGKの好守に阻まれていた。

 試合はこのまま4-1で終了。ザルツブルクは勝点を7に伸ばし、最終節までGS突破の可能性を残し、ヘンクはGS4位での敗退が決定した。

 最終節、ザルツブルクはホームにリバプールを迎え、ヘンクはアウェーでナポリと対戦する。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ