「日本のカンテだ!」シュツットガルト遠藤航が移籍後初スタメン、勝利に貢献! チームは暫定3位へ浮上

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月24日

中盤の底でフル出場

初の先発で90分プレーした遠藤。主に守備面で貢献した。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間11月24日、ドイツ2部の第14節が行なわれ、シュツットガルトはホームにカールスルーエを迎えた。

 この試合で、今夏の移籍後初となる先発を飾ったのが日本代表にも名を連ねる遠藤航だ。遠藤は4-3-3の中盤の底でアンカーとして90分間プレーし、攻守にわたってチームにリズムを生み、3-0の勝利に貢献。ホームでの貴重な勝点3ポイント獲得に貢献した。

 前半はやや硬さが目立ったものの、後半に入り、60分にフィリップ・クレメントが先制点を挙げるとチーム全体が積極的に前へ展開。主に守備でのプレーで駆けずり回っていた遠藤も、一度は自らドリブル突破を仕掛けるなど、積極的な姿勢を見せた。

 75分にはオレル・マンガラの追加点でホームチームが2点をリード。遠藤は中盤の底で何度もカールスルーエのチャンスの芽を潰していた。

 87分にマルク=オリバー・ケンプフが一発レッドで退場となり、数的不利に陥るというアクシデントがあったものの、90+3分に交代出場のハマディ・アル・ガディヴィがダメ押しの3点目を叩き込み、試合は3-0で終了。シュツットガルトは2試合ぶりに勝利を収め、暫定3位に浮上している。

 この遠藤の奮闘ぶりにはサポーターも感激。あるシュツットガルトファンは「ワタル・エンドウは日本のカンテだ!」と絶賛のコメントを公式アカウントに寄せている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ