【J1採点&寸評】名古屋0-0鳥栖|ともに攻撃の迫力を欠きドロー決着…ピンチで存在感を見せた名古屋守護神を最高評価

カテゴリ:Jリーグ

今井雄一朗

2019年11月24日

名古屋――カウンター鋭さを出せず。終盤は吉田の負傷でドロー狙いにシフト

【警告】名古屋=和泉(11分)、シミッチ(78分) 鳥栖=高橋祐(90+1分)
【退場】名古屋=なし 鳥栖=なし
【MAN OF THE MATCH】ランゲラック(名古屋)

画像を見る

[J1リーグ32節]名古屋0-0鳥栖/11月23日/豊田スタジアム

【チーム採点・寸評】
名古屋 5
立ち上がりから運動量に乏しく、カウンターに鋭さを出せなかったのが不調の一因。後半には交代枠を使いきった後に吉田豊が負傷し、ドロー狙いにシフト。狙って無失点に抑えきれたのはポジティブな要素か。


【名古屋|採点・寸評】
MAN OF THE MATCH
GK
1 ランゲラック 6.5
14分のPKの場面にもしっかり反応し、61分の決定的な場面も身体を張ってセーブ。この試合最大の危機と言えるふたつのシーンで存在感を見せ、チームの勝点獲得に大きく貢献。

DF
6 宮原和也 5.5
豊田陽平に狙われる場面もあったが無難に対応し、難しいサイドのバランス取りにも懸命に対処した。

20 中谷進之介 6
自分たちが十分にスカウティングされた相手の攻撃に対し、粘り強い守備で対抗。時に逆サイドまでカバーに行く判断力は組織的な守備の中でも生きていた。

17 丸山祐市 6
豊田陽平とのマッチアップにも果敢に挑み、堅実なカバーリングで守備に穴を空けなかった。フィードでも数度のチャンスを演出し、後方からチームを盛り立てた。

23 吉田 豊 5.5
序盤から左サイドに蓋をし続けたが、75分を過ぎたあたりで右太ももを負傷。交代枠を使いきっていたことからテーピングをして前線に入り、根性でボールを追った。
 
MF
2 米本拓司 6
普段よりもサイドに広範囲な守備を見せた印象で、攻撃面でもバイタルエリアに飛び込む動きを何度も見せた。

21 エドゥアルド・ネット 5.5(65分OUT)
守備のカバーリングでも良い反応を見せ、速度の上がらない攻撃のリズムメイクにも腐心。ジョーの使い方としてはチーム一だったが、流れを変える交代策の中で65分にピッチを去った。

9 長谷川アーリアジャスール 5.5(62分OUT)
ジョーの相棒としてフォアチェックからボールキープと多岐にわたるタスクをこなすも、得点を奪いに行く交代策の中で赤崎にバトンを託した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ