グリエーズマンがバルサで輝けないのは、メッシとの不仲が原因ではない【現地発】

カテゴリ:連載・コラム

エル・パイス紙

2019年11月21日

走行距離はチームでもトップクラス

いまだフィットしきれていないグリエーズマン(左)。メッシとの連携も不十分だ。(C)Getty Images

画像を見る

 バルセロナのパスサッカーから、持ち前の流麗さが失われて久しい。

 選手たちはボールを受けても、パスコースを見出すことができず、自ずと無駄にボールを運ぶ時間が増加。そうした低調なチームの中で期待の新戦力も悪戦苦闘を続けている、フレンキー・デヨングはアヤックス時代のようなプレゼンスを中盤で発揮することができず、アントワーヌ・グリエーズマンはそもそも周囲とのタイミングが噛み合わっていない。それはまるでバルサへの移籍のタイミングを1年遅らせた決断がいまだにプレーに影響を与えているかのようでもある。

 グリエーズマンの1試合当たりの走行距離は、チームでもトップクラスの数値を記録している。精力的にフリーランニングを繰り返しながら、自らの価値を示そうと懸命に努力を続けている。しかしその動きはリオネル・メッシのプレーイメージとシンクロせず、実際、両者の間でパスを交換する回数は限られている。しかも前節のセルタ戦の60分のプレーのように、せっかくエースからパスを受けてチャンスが訪れても、得点に繋げられない場面も少なくない。
 
 グリエーズマンとメッシは友人ではない。しかしピッチ上ではお互いがお互いを活かそうという意識は随所に見られ、巷で言われているような疎遠な関係がプレーに影響しているということはない。問題は2人の間で確固たるコンビネーションがいまだに構築されていないことだ。それはプレーを見れば一目瞭然。メッシがボールを持った場面で、グリエーズマンが見せる動きく場所は、その大半が“10番“が意図していないところなのだ。

 結局のところ、グリエーズマンはまだバルサ特有のソルフェージュをマスターしきれていないということだ。メッシがエースとして君臨するバルサにおいて、近年顕著となっているのは、足下でボールを受ける形が増えていることだ。

 一方、レアル・ソシエダ、アトレティコ・マドリー時代のグリエーズマンは、スペースに絶妙のタイミングで走り込んでボールを受けることで、違いを作り出すアタッカーだった。もちろんテクニックにも状況判断力にも優れた選手だが、その前提としてデスマルケ(マークを外す動き)の秀逸さがあった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ