「黙れ!」「そっちこそ黙れ」メッシとブラジル代表監督が試合中にまさかの罵り合い!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月16日

ブラジルの指揮官は判定への不満を隠さず

宿敵ブラジルとの一戦で決勝点となるゴールを叩き出したメッシ。(C) Getty Images

画像を見る

 11月15日に行われた国際親善試合で、ブラジルは宿敵アルゼンチンに0-1と敗れた。決勝点となるゴールを挙げたのは、アルゼンチンのエース、リオネル・メッシだ。

 そのメッシとブラジル代表のチッチ監督の間に、試合中に緊張がほとばしる瞬間があった。メッシが指を口に当て、手で「おしゃべりしすぎだ」とアピールするジェスチャーをしたのだ。

 スペイン紙『As』によると、ブラジルの指揮官は、テクニカルエリアでカゼミーロに対するタックルでイエローカードを出すべきと主張していたようだ。そのクレームにメッシが反応したという。
 
 チッチ監督は試合後に「イエローに値するプレーだったから、文句を言っていたら、突然メッシが私に黙れと言っているのを見た。それで彼に黙るように言ったんだ」と明かした。

 そのうえで、こう続けている。

「ピッチでのことはピッチに留める。ただ、あのファウルはカードに値するものだったし、文句を言っていた私が正しかったがね」

 アルゼンチンの決勝点は、メッシがアレックス・サンドロに倒されてPKを獲得し、GKアリソンに止められたものの、こぼれ球を自ら押し込んだものだった。

 チッチ監督はこの場面にも触れ、「サンドロのメッシに対するプレーは、PKではなかったと思う」と、判定への不満を隠さなかった。

「勝ったアルゼンチンの功績だよ。ただ、ブラジルとアルゼンチンのようなこういった試合では、経験豊富な審判が必要だ。イングランドの審判だったら、これをPKにはしていなかっただろう」

 フレンドリーマッチとはいえ、永遠のライバル相手に敗れたのだから、チッチ監督が心中穏やかでなかったのは想像に難くない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ