「彼は怪物、信じられない」メッシが考える“史上最高のストライカー”とは?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月29日

ライバル国のレジェンドを

母国メディアのインタビューに応じたメッシから興味深い発言が……。(C)Getty Images

画像を見る

 メガクラッキが選んだのは、バルセロナの先達だった。

 スペイン紙『AS』によると、リオネル・メッシはこのほど、母国メディア『TyC Sports』のインタビューに応じた。

 出身クラブであるニューウェルズ・オールドボーイズへの復帰の可能性や引退についてなど、様々な質問に答えていくなか、こんなクエッションも用意されていた。

「あなたにとって、史上最高のストライカーは?」

 するとアルゼンチン代表FWは「ロナウド」の名を挙げた。といっても、最大のライバルであるクリスチアーノ・ロナウドのことではない。元ブラジル代表の“怪物”ロナウドだ。

「ロナウドはフェノーメノ(怪物)だった。僕が見てきたなかではベストだね。信じられないよ」
 
 若き日のロナウドは、圧倒的なスピードを利したドリブルと驚異的な決定力でゴールを量産。それこそメッシのように、ひとりで局面を打開できるストライカーだった。

 たった1シーズンながらバルサでプレーした1996-97シーズンはまさに全盛期。公式戦49試合に出場して47ゴールを叩き出し、当時の指揮官ボビー・ロブソンに「戦術はロナウド」と言わしめた。

 その後は度重なる故障に泣かされ、バルサ時代ほどの圧倒的なパフォーマンスは見せられなかったものの、2002年の日韓ワールドカップでは、得点王に輝く活躍で母国ブラジルは5度目の世界王者に導いている。

 アルゼンチン人にとってブラジルは宿命のライバルだが、メッシにとって隣国のレジェンドは心を踊らされる存在だったようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月22日号
    10月8日発売
    J1&J2&J3
    ネクストブレイク
    BEST 100
    必見の若手有望株を一挙公開!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ