「アベのドリブルが良かった」バルサ安部裕葵の“トップデビュー”で思い出されるスペイン代表DFの言葉

カテゴリ:海外日本人

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年11月16日

セビージャ戦でマン・オブ・ザ・マッチに

バルサのトップチームでプレーした安部。次に期待されるのは公式戦デビューだ。(C)Mutsu KAWAMORI

画像を見る

 今夏に鹿島アントラーズからバルセロナBに移籍した安部裕葵が11月13日、待望の“トップデビュー”を飾った。

 チャリティーマッチのカルタヘナ戦に招集され、76分からプレー。積極的にドリブルで仕掛けるなど、堂々たるプレーを見せた。

 といっても、公式戦ではないし、相手はバルサBと同じカテゴリーの2部B(実質3部)のチームだ。インターナショナルウィークのため、リオネル・メッシやルイス・スアレスをはじめ主力の多くは各国代表に招集され、イバン・ラキティッチなど故障で参加しなかった選手も少なくなかった。

 それでも、シーズン前の日本ツアーでは怪我によりトップチームでプレーするチャンスを逃した安部にとっては、同時にピッチに立つことはできなかったとはいえ、ジェラール・ピケやウスマンヌ・デンベレと同じチームで戦った経験は、代え難いものになったはずだ。

 黄色いセカンドユニホームを着て“デビュー”を飾った安部の姿を見て、2年前に聞いたある言葉を思い出した。
 
 2017年7月22日。場所はカシマスタジアム。うだるような暑い日だった。

 鹿島は、Jリーグワールドチャレンジでスペインの強豪セビージャと対戦。圧倒的にボールを支配されながらも、終盤に鈴木優磨(現シント=トロイデン)が2ゴールを決め、したたかに白星を手にしていた。

 試合後、まだ始動しはじめたばかりのコンディションで28度という暑さのなかでのゲームを終えたセビージャの選手たちは、一同にヘトヘトだった。取材エリアでは、クレマン・ラングレ(現バルセロナ)やガンソ(現フルミネンセ)らが申し訳なさそうに、足早に立ち去るなか、ただひとり足を止めてくれたのが、セルヒオ・エスクデロだった。

 スペイン代表経験もある左SBに鹿島の印象を訊くと、こんな答が返ってきた。

「アベが良かった。ドリブルがね」

 当時、18歳だった安部は、62分にレオ・シルバと交代でピッチに登場すると、果敢な仕掛けで攻撃を活性化させった。72分には、伊東幸敏からの横パスを受け、ワンタッチで目の前の敵をかわすと、ゴールに向かってドリブルを開始。寄せてくるDFを軽やかにかわして、GKと1対1になると、横にいた鈴木にパスを出して先制点をお膳立てした。

 この印象的なアシストにより、2ゴールの鈴木を抑えてマン・オブ・ザ・マッチに輝いた高卒ルーキーの名は、一気に全国区となったのだった。

 あれから2年――。いまもセビージャでプレーするエスクデロが、あの時のティーンエージャーがバルサでトップデビューを飾ったという事実に気付いているかどうかは分からない。確かなのは、安部を褒め称えたその見立てが、間違っていなかったということだ。

文●江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ