【J1採点&寸評】大分2-1G大阪|敗れたガンバも悪くはなかったが…文句なしのMOMは1G1Aの大分の東京五輪候補

カテゴリ:Jリーグ

柚野真也

2019年11月10日

大分――後半は相手にプレッシャーをかけ続け、危ない場面を作らせなかった

【警告】大分=三竿(90+1分) G大阪=なし
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】岩田智輝(大分)

画像を見る

[J1リーグ31節]大分2-1G大阪/11月10日/昭和電工ドーム大分

【チーム採点・寸評】

大分 6.5
プレスに動じず、しっかり自陣でボールを回した。相手の変化を見逃さず一瞬の隙を突くスタイルを貫き2得点。後半はポジションチェンジを繰り返す相手にプレッシャーをかけ続け、危ない場面を作らせなかった。
 
【大分|採点・寸評】 
GK
1 高木 駿 6

失点の場面は責任なし。相手シュートにしっかり反応し、ビルドアップでも積極的にボールに関わり、起点となる長い縦パスを通すこともあった。

DF    
3 三竿雄斗 6

オーバーラップする場面の多かった逆サイドの岩田とのバランスを考え攻撃を自重。守備では隙なく、裏を取られてもしっかりカバーに入った。

5 鈴木義宜  5.5
失点の場面はチャレンジとカバーの選択に戸惑い、どっちつかずになりラストパスを通された。それ以外はアデミウソンに決定的な仕事はさせなかった。

MAN OF THE MATCH
29 岩田智輝  6.5

球際の勝負で全勝。攻撃参加のタイミングは申し分なく、回数が増えるとともに決定機数が増えた。1得点・1アシストと結果を残し、文句なしのマン・オブ・ザ・マッチに。

MF    
6 小林裕紀 6

周りを使い挟み込んでパスを奪う術は職人芸。広範囲の守備で危険の芽を摘み取り、リードしてからはしたたかなプレーで時間を使い、逃げ切りの立役者に。

7 松本 怜 5.5
派手な突破はなかったが、攻守の切り替えで相手を上回った。87分のオナイウへのピンポイントクロスなど決定機を作り、見せ場は作った。

40 長谷川雄志 6(85分OUT)
得点につながらなかったのは残念だが、前半から決定的な長い距離のスルーパスを再三通した。

50 田中達也 5.5
対面の小野瀬と縦のスピード勝負は互角。互いの意地がぶつかり合った。27分には逆サイドのクロスに対し、ゴール前まで走り込みシュートを放つが精度に欠けた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ