「絶対に許すつもりはない」札幌FWへの差別的な投稿に大分が声明を発表。当人もツイッターでコメント

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月13日

鈴木はツイッターで両親や日本への感謝を述べる

SNSの差別的な投稿に対して自身の考えを述べた鈴木。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 9月13日、大分サポーターを名乗る人物が、札幌のFW鈴木武蔵に対してSNSで差別的な投稿を行なった件について、大分が公式サイトで声明を発表した。

 問題となったのは、ワールドカップ・アジア2次予選の日本対ミャンマーが行なわれた10日のこと。この日、代表戦に途中出場を果たした鈴木に対して、あるアカウントが外見を差別するような投稿を行なった。

 これに対し大分は、公式サイトで以下の声明を掲載した。

「大分トリニータのサポーターを名乗る方により、SNSで北海道コンサドーレ札幌の鈴木武蔵選手に対する差別的な投稿が行われました。発信者については人物や何を目的に投稿したのか定かではありませんが、大分トリニータとしては、このような差別発言を絶対に許すつもりはありません。我々は、今後とも、差別や暴力のない社会の実現に向けて、多くの仲間とともに努力していくことを誓います」
 
 また鈴木も自身ツイッターでこの問題に触れ、「僕に報告してくれた方ありがとうございます。でも大丈夫ですよ。サッカーで見返すしかないですからね。そうやって小さい頃からやってきたので」とコメント。続けて、両親や生まれ育った日本への感謝を述べた。

「お父さんの血がなかったら日本代表になれてなかったと思いますし、ハーフである事、日本という素晴らしい国で育った事に感謝してます」

 このツイートにファン・サポーターも反応。「負けんな武蔵!」「札幌サポは常に武蔵の味方やで!」「これだけ言わせてください、めっちゃ応援してます!!」など多くの温かいコメントが寄せられた。

 人種差別は、度々海外メディアでも取り上げられるなど、サッカー界全体の深刻な問題となっている。人々がお互いを理解し合い、差別のない世界が実現されることを願うばかりだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月22日号
    10月8日発売
    J1&J2&J3
    ネクストブレイク
    BEST 100
    必見の若手有望株を一挙公開!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ