【横浜|採点&寸評】2点奪取で鳥栖を振り切る。結果を出したサイドアタッカーがMOM

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年11月02日

ティーラトンは以前に比べ、安定感が増した

【警告】鳥栖=クエンカ(69分)、小野(74分)、高橋秀(88分) 横浜=扇原(90分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】遠藤渓太(横浜)

画像を見る

[J1第30節]鳥栖1-2横浜/11月2日/駅前不動産スタジアム
 
【チーム採点・寸評】
横浜 6.5
鹿島、FC東京が勝てなかった“アウェー鳥栖戦”で勝利した意味は小さくない。2点をリードし、1点を返された後は劣勢となり、そこは課題ではあるが、苦しい時間帯でもショートパスにこだわるなど、自分たちのサッカーを貫いたうえでの勝利は評価したい。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
1 朴 一圭 6
前半終了間際のクエンカとの1対1は、見事にブロック。1失点を喫したが、エリアを飛び出してピンチを未然に防ぐなど、躍動感にあふれる働きぶり。
 
DF
27 松原 健 5
序盤は攻撃でも守備でも今ひとつピリッとせず。後半はやや持ち直したとはいえ、インパクトのある活躍は少なかった。
 
13 チアゴ・マルチンス 6.5
ルーズボールをしっかり処理。自陣ゴール前ではエアバトルで盤石の強さ。肉弾戦で簡単に負けず、味方を鼓舞する“声”も効果的だった。
 
44 畠中槙之輔 6
奪って良し、捌いて良し。デュエルではハードにバトルし、相手に寄せられても慌てることなく、ビルドアップした。
 
5 ティーラトン 6.5
自慢の左足を駆使して、長短織り交ぜたパスを周囲に配給。17分には狙いすましたクロスで遠藤のゴールをアシスト。対峙する相手の逆を取るキックフェイントもセンスがあり、ピッチ中央にポジションを移せば、まるでボランチのように質の高いサイドチェンジを繰り出す。以前に比べてプレーの安定感が増した印象で、守備でも堅実さが出てきた。
 
MF
6 扇原貴宏 6
持ち前の優れた配給力はこの日も健在。喜田との“横のライン”だけのパス交換でもリズムを生み出す。身体を投げ出した守備でも奮闘。
 
8 喜田拓也 6
扇原と上手くバランスを取りながら、高い位置取りをすれば、積極的に局面を崩そうとするアグレッシブさを見せた。


【横浜F・マリノス練習PHOTO】ついに首位と勝ち点1差!逆転優勝を目指し激しい雨の中で練習する横浜を激撮!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ