「浦和レッズは奇妙なクラブなんです」中国メディアの酷な質問に“親分”大槻監督が絶妙な切り返し!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月24日

「メンバーもシステムも戦い方も予想していた」と明かす

用意周到なゲームプランを完遂し、浦和を2年ぶりのACL決勝に導いた大槻監督。自身初のビッグタイトル奪取に邁進する。写真:徳原隆元

画像を見る

 まさに会心の采配で、中国サッカーきっての名門を撃破した。

 水曜日に行なわれたアジア・チャンピオンズリーグ準決勝、広州恒大vs浦和レッズ戦の第2レグ。圧倒的なアウェーの雰囲気のなか、浦和は第1レグで2-0と勝利したアドバンテージを最大限に活かしながら、慎重に試合を進める。50分に興梠慎三が強力ヘッダーで貴重なアウェーゴールを決めて趨勢を定めると、その後の敵の猛攻を耐え凌いで完封勝利。2戦合計3-0とし、2年ぶりとなる決勝行きのチケットを手に入れた。

 試合後、チームを率いる大槻毅監督が記者会見に臨み、「ここまでサポーターが多く来てくれて、我々を高みに押し上げてくれた。本当に感謝しかない。選手の素晴らしいパフォーマンスについても、誇りに思う」と語った。

 そこで中国メディアから、「Jリーグの成績はあまり良くない。それでもACLを勝ち進んでいるが、Jリーグのほうが難しいのか?」と酷な質問を投げかけられ、ユーモアを交えながら“親分”は次のように返答した。

「Jリーグで上位にいない我々がなぜACLで勝ち残っているのか。ACLで勝ち残っている我々がなぜJリーグで勝てないのか。奇妙なクラブではあります。トレーニングで改善しようとしているが、それができていない難しい時期にあると感じています。どちらかを重視しているということはなく、すべての試合で責任を持って臨んでいる。また次の試合に向けて、全力でやっていきたい」

 
 さらに大槻監督は、「あの1点がゲームを終わらせたと思う。相手のメンバーは予想していた範疇の中だったし、システムも戦い方も予想していた」と明言。これに対して中国人記者が「DFの33番(ジョン・ジーチャオ)は普段あまり出ていない選手だ。それも想定内だったというのか?」と迫られ、理路整然とこう切り返している。

「昨日の公開された15分間の練習で、(本来のレギュラーである)21番の選手(ガオ・ジュンイー)がランニングシューズでトレーニングをしていた。おそらく、出られないのだろうと。サイドバックの中で補充されるとすれば、33番の選手は予想の中に入っていた」

 2年前のACL制覇時は、まだトップチームで指導に当たっていなかった大槻監督。指揮官として初めて挑む国際大会のビッグタイトル。運命のファイナルの相手は2年前と同様、サウジアラビアのアル・ヒラルだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ