「ネイマール化している」「彼はしくじった」元仏代表FWがエムバペの発言に警鐘!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月26日

大仕事をやってのけたエムバペの発言とは?

ネイマール(右)とはプライベートでも仲が良いエムバペ(左)は、その影響を受けてしまっているのかもしれない。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間10月22日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ(CL)の第3節のクラブ・ブルージュ戦で、パリ・サンジェルマンに所属するフランス代表FWキリアン・エムバペは、途中出場ながら22分間でハットトリックを達成する大仕事をやってのけた。

 出色のパフォーマンスで5-0の大勝に貢献したエムバペには、世界各地から賛辞が寄せられている。ただ、元フランス代表FWのクリストフ・デュガリーは、試合後の後輩の“ある発言”が気に入らなかったようだ。

 スペイン紙『Marca』によると、「自分抜きでは難しいと示したかった」と語ったエムバペの発言に対し、デュガリーは、「あのコメントはしくじったと思うし、腹が立つ」と批判した。

「インタビューのそれ以外のコメントは完璧だった。チームのこと、仲間のことを話していたからね。だが、あの部分には困惑する。私が違う世代の人間だからかもしれない。自分のことばかりを考え、集団を優先しない今のサッカー界にうんざりしているからかもしれないね」

 さらに、デュガリーは、「エムバペにとっては少し難しいのかもしれないが、偉大な選手であるのと同じように、偉大な人間であることも重要なんだ」と続けている。

「エムバペが好青年じゃないと言っているわけではない。ただ、彼はこれまでにもすでに自分のいる場所に関して、色々と発言してきた」

 また、「彼はネイマール化していると思う」とも指摘したデュガリーは、チームメイトからの影響を受けているという見解を示したうえで、「エムバペの未来が順風満帆であることを願っている」と強調した。

「私は、この青年で夢が台無しになることを恐れているんだ。(サッカーでは)あっという間に事態が変わり、うまくいかなくなってしまうということもあり得るんだよ」

 果たして、デュガリーの“アドバイス”を、エムバペはどのように受け止めただろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ