【J1採点&寸評】G大阪5-0札幌|今季最多得点の大勝劇!3ゴールに絡んだアデミウソンを最高評価!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月05日

G大阪――ダービー惨敗の悔しさを晴らす意志を全体で共有

【警告】G大阪=キム・ヨングォン(21分)、髙尾(56分)、パトリック(80分) 札幌=なし
【退場】G大阪=なし 札幌=なし
【MAN OF THE MATCH】アデミウソン(G大阪)

画像を見る

[J1リーグ28節]G大阪5-0札幌/10月4日/パナソニックスタジアム吹田

【チーム採点・寸評】
G大阪 6.5
大阪ダービーで惨敗した悔しさを晴らそうという意思がチーム全体から見て取れた。今季最多の5得点を挙げ、守備も大崩れしなかった。最後まで攻め切る姿勢を見せたのも評価したい。
 
【G大阪|採点・寸評】 
GK
1 東口順昭 6
空中戦で3失点した前節の反省を受け、セットプレーなどでは意識して前に出ていた。目立ったミスはなく、足元のボールも慌てずにしっかりとつないだ。
 
DF
5 三浦弦太 6
キックミスは減点材料だが、守備に関しては出足がよく、ジェイや鈴木らにボールが入ると積極的に潰しにかかり、起点を作らせなかった。相手の攻撃に脅威がなかったとはいえ、安定していた。
 
19 キム・ヨングォン 6
前半、ジェイにあっさりとかわされ、止むを得ず警告覚悟でストップ。このプレー以外は大きなミスもなく、危険地帯でしっかりと競り勝ち、三浦とともに最終ラインを引き締めた。
 
27 髙尾 瑠 6
前半にアデミウソンの決定機を演出するパスを出すなど、攻撃にも貢献。最近は右SBで相手に狙い撃ちされている感もあったが、3バックの一角ではウィングバックの小野瀬と好連携を見せ、無難に乗り切った。
 
MF
8 小野瀬康介 6.5
やはり攻守両面で効いている。右サイドでチャンスを作りながらも、守備時には献身的に身体を張り、サイドの崩壊を許さず。アデミウソンの得点の場面では精度の高いクロスを供給した。
 
10 倉田 秋 7
試合が拮抗していた時間帯に、貴重な先制点をもたらし、チームを勢いづけた。ダービーで負けた悔しさを一番感じていた選手なだけに、ハードワークを怠らず、質の高さも伴っていた。
 
15 井手口陽介 6
復帰直後には、インサイドハーフの役割をこなしきれなかったが、この日は正確なポジショニングを維持し、前半も危ない場面で身体を張りシュートブロック。終盤になっても運動量が落ちなかった。
【関連記事】
ガンバ5発圧勝の立役者はアデミウソン! 珍しく頭で決めて1G2Aの狂い咲き!
「熱気は同じ。違うのは…」ガンバの“新助っ人”スサエタが語る「バスク」と「大阪」のダービーの違い
「ドリブルもフィニッシュも優れている!」G大阪スサエタが最も驚かされたチームメイトは?
「最も難しい決断だった」“残留の切り札”スサエタがG大阪入りの理由、日本での生活を明かす!【単独インタビュー】
「多大なご迷惑とご心労をおかけして…」湘南、曺貴裁監督の会見での謝罪コメントを発表

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ