「恥ずかしい」「団結こそが…」屈辱の7失点大敗。バイエルンに打ちのめされたトッテナムの面々の反応は?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年10月02日

「このうえなく傷ついている…」

バイエルンの圧倒的な攻撃力に屈したトッテナム。守備力の課題を露呈する形となった。 (C) Getty Images

画像を見る

 直近の公式戦4試合で3敗目というだけでも痛手だが、それがチャンピオンズ・リーグ(CL)という大舞台での7失点大敗となれば、なおさらショックは大きい。

 現地時間10月1日、トッテナムは、CLグループステージ第2節で、バイエルンにホームで2-7と敗れた。セルジュ・ニャブリに後半だけで4ゴールを献上しての黒星を喫した。

 英メディア『talk SPORT』によると、ヤン・ヴェルトンゲンは、試合後に「この上なく傷ついている。恥ずかしいよ。頭の中がネガティブな考えだらけだ。こうやってメディアの前にいるのも困惑する」と述べた。

「キツいよ。ほかの選手たちのことじゃない。自分自身のことを言っている。とても悪い結果だ。あまり話したくないよ」

 それでも、ヴェルトンゲンはサポーターに、「僕たちを支え続けてほしい」と訴えている。

「僕らには、この状況を乗り越えられるだけの人材がいると信じている。このグループは団結しているんだ。団結しなければいけない。僕は逃げないよ。だからこうしてメディアの前で話している。責任を負わなければいけない。次のリーグ戦の試合が、この気分を変えるチャンスとなり得る」
 そして、マウリシオ・ポチェティーノ監督も『BT Sport』で、「こういう結果の時は自分を信じることが大切だ」と強調した。

「良いフィーリングを取り戻すには、それしかない」

 さらにポチェティーノ監督は「厳しい状況だが、立ち向かわなければならない」と続けた。

「強くあり、前進し続けなければいけない。団結を保ち、互いを助けなければ。全員が団結することこそ、最良の薬だ」

 グループ2節を終えて、勝点1のトッテナムは、グループBの最下位に沈んだ。レッドスターとの連戦で流れを変えたい。そして何より、現在の不穏な空気を払しょくするためにも、5日に行なわれるプレミアリーグ8節で、ブライトンを相手に勝利が求められる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ