石川直宏氏に訊くCL展望。「注目はグループE。優勝候補はシティ、リバプール、それから…」

カテゴリ:ワールド

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年09月17日

「アタッカーだったので南野選手や伊東選手に注目しています」

現在はFC東京のクラブコミュニケーターを務めている石川氏。解説者としても活躍中だ。写真:滝川敏之

画像を見る

 現地時間9月17日に、いよいよ2019‐20シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)が開幕する。

 昨シーズンは、トッテナムとのプレミアリーグ勢対決を制し、リバプールが14年ぶりの戴冠を果たした。イングランド勢の時代が続くのか、スペイン勢が復権するのか――

「DAZN」の『フットボールフリークス』に出演する石川直宏氏に、優勝候補やダークホース、注目のグループなど、今シーズンのCLを展望してもらった。
 
――昨シーズンは、リーガ勢の5連覇が止まり、プレミア勢が躍進しました。

「いつの時代もサッカーにはトレンドというものがあって、あるチームが抜きん出ると、それを倒すためにはどうすればいいのか、ということを考えますよね。昨シーズンだと特に顕著だったのがリバプールで、ハイプレス、トランジションの速さ、ハードワークを前面に出したサッカーを展開し、バルセロナのパスサッカーを打ち破りました。逆に今シーズンは、リバプールのようなサッカーへの対策をしてくるチームが出てくるかもしれません。それも楽しみのひとつですね」

――もっとも注目しているグループは?

「個人的にはグループEですね。リバプールとナポリは、昨シーズンも死のグループ(他にパリ・サンジェルマンとレッドスター)で同組でしたよね。もちろん、この2チームが有力ですけど、南野(拓実)選手と奥川(雅也)選手がいるザルツブルク、伊東純也選手がいるヘンクがどこまでやれるか楽しみです。3人とも攻撃的なポジションの選手なので、キープレーヤーになると思います」

――その3選手の他に、ガラタサライの長友(佑都)選手、そして登録メンバーに入ったバルセロナの安部(裕葵)選手も出場する可能性があります。

「ユウト(長友)は昨シーズンに続いてですし、内田(篤人)選手なんかもそうですけど、どんな雰囲気なのか訊いてみたいですよね。CLはチームが出場するだけでも大変ですから。僕自身はアタッカーだったので、南野選手や伊東選手に注目しています。南野選手は昨シーズンにヨーロッパリーグで活躍して、ステップアップした姿が見られると思います」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ