「久保さんはレアルに残って…」「人生が本業」「76億人を意識」本田圭佑がTV生出演で注目発言を連発!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月17日

「僕が引退するときは死ぬとき、みたいな」

久々に地上波の生放送で“本田節”が炸裂。短い時間ながら話題は多岐に及んだ。(C)Getty Images

画像を見る

 前メルボルン・ヴィクトリーで元日本代表MFの本田圭佑が9月16日、日本テレビの報道番組『news zero』に生出演し、自身の現状や近未来ヘの青写真、ビジョンなどを熱く語った。
 
 やはりなにより気になるのは、フットボーラーとしてのこれからだろう。現在はフリーの身で、どのクラブにも所属していない。いかなる展望を抱いているのか。本田は東京五輪への意欲とともに、ざっくばらんに胸中を明かした。
 
「まあオファーはあるんです。オリンピックを目ざしてるんで引退はしないんですけど、来てほしいところからのオファーがない。片思いみたいになってるところがあるし、正直なところ、待ってる部分はあります。来年のオリンピックに出る、そしてそこで勝つと決めている。そのことを考えれば、ヨーロッパの納得がいくクラブでプレーするのが条件。そこでレギュラーとして活躍すれば、確実にオーバーエイジとして選んでもらえるようなクラブ、ということです」
 
 そこでタレントの櫻井翔さんに「森保(一)監督にはどのようにしてアピールしていくのか?」と問われると、「すべてですよね。本田を選べば勝てると思ってもらえるような活躍をしないといけないですし、若い選手も多いので、ピッチ外のマネジメントも意識していかないといけない」と答えた。

 
 さらに櫻井さんが「選手としてのその先、第2の人生をイメージしていますか?」と質問をぶつけると、持ち前の本田節を炸裂させた。
 
「ただなんか、周りのひととかアスリートが引退って言うけれども、そもそも引退ってなんなんだろうなって思うんです。ビジネスのところで『お前、本業やれ!』とかよく聞くんですけど、だいたいサッカーって本業と思ったことないしなと。もう人生が本業なんで、僕が引退するときは死ぬとき、みたいな。だから引退と死を一緒にしてもらえれば」
 
 そこに有働由美子アナウンサーが「じゃあ自分はなにで構成されてるんですか?」とかぶせる。「まずは生物。細胞レベルの話からなんで。そこに魂があるんで、夢があるんで、教育者とか。もっと言えばスポーツとか、男だとか、もうちょっとジェネラルなところですよね。サッカーは5番目とか6番目に来てる感じ」と、本田ワールドを全開させた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ