【J1ベストイレブン】優勝を占う重要な一戦で攻守に貢献!貴重な先制ゴールを挙げた鹿島DFをMVPに!|26節

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月17日

神戸のダビド・ビジャのゴールは「実にセクシーな一発」

【26節のベストイレブン】

画像を見る

 J1リーグは9月13日・14日に、各地で26節の9試合が行なわれた。そのなかから、サッカーダイジェストWeb編集部が選定したベストイレブンを紹介する。

 J1リーグ全34節、シーズン終了まで残り8試合となった今節、優勝を占う上で重要な一戦において、鹿島DFが攻守に渡る活躍を披露した。
 
 1位・FC東京対2位・鹿島の直接対決となった大一番から、開始早々の先制点を奪取し、相手の強力2トップを抑え込み2-0の勝利に貢献した鹿島DFのブエノをMVPとした。その先制点をお膳立てし、すべての局面で存在感を発揮していたレオ・シルバも評価した。
 
 3位・横浜と4位・広島の一戦では、3-0で勝利した横浜から、重みのある先制点を決めた仲川輝人と、そのゴールの起点にもなり、自身も貴重な追加点を挙げたティーラトンを揃って選出した。

 磐田に勝利し4位に浮上した川崎からは、先制点を挙げてスタメン起用に応えた脇坂泰斗。浦和を下して勝点43で広島に並んだ6位・C大阪からは強烈なシュートで先制し、決勝点をアシストした松田陸と、鮮やかなミドルシュートで決勝弾を決めた田中亜土夢をチョイスした。

 その他では、復帰してすぐにゴールを挙げ、チームに余裕をもたらした神戸FWダビド・ビジャ。攻守に貢献し、決勝点も叩き込んだ仙台のDFシマオ・マテ。2得点の活躍で勝利の立役者となった清水MFの西澤健太と、後半アディショナルタイムのビッグセーブでチームを救ったGKの大久保択生をそれぞれ選んだ。

【サポーター必見】カメラマンが厳選するJ1第26節の"ベストショット"ギャラリー!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ