【パラグアイ戦の予想スタメン】“鉄板メンバー”を中心に構成か。久保の起用法は?

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年08月30日

森保監督は「ベストな選考」と説明

パラグアイ戦の予想スタメン。守備陣は経験豊富なメンバーが固めそうだ。

画像を見る

 8月30日、9月5日に茨城県立カシマサッカースタジアムで行なわれるキリンチャレンジカップのパラグアイ戦、そして9月10日のカタールワールドカップ・アジア2次予選初戦のミャンマー戦(アウェー)に向けた日本代表23人が発表された。
 
「キリンチャレンジカップではパラグアイという強豪を迎えて良い準備をし、アウェーの地ミャンマーで(ワールドカップ)予選のスタートを切りたい」と説明した森保一監督は、今年1月のアジアカップで主力を担った吉田麻也、長友佑都らを招集し、東京五輪世代の選出は4人に止めた。
 
 その東京五輪世代は、堂安律、冨安健洋はすでにA代表の常連で、若手中心で臨んだ6月のコパ・アメリカから引き上げたのは久保建英、板倉滉の2人のみ。ワールドカップ予選初戦に向けて手堅い構成となった印象だ。
 
 もっとも指揮官は「ベストの選考をした」とも語っており、この23人が現状でファーストチョイスということなのだろう。
 
 そう考えると、スタメンは準優勝したアジアカップの主軸がベースになるはずで、その“鉄板メンバー”に若手をどう組み込むかが焦点となる。
 
 GKは今夏に移籍したシント=トロイデンでゴールマウスを守るシュミット・ダニエルが有力だ。コパ・アメリカで健在ぶりを発揮した川島永嗣、アジアカップで正守護神を務めた権田修一は、クラブで出場機会を得られておらず、コンディション面に不安を残す。
 
 最終ラインは左から長友、吉田、冨安、酒井宏樹が、経験値から考えても順当に名を並べそうだ。ただ、ポルティモネンセで開幕からフル出場を続けるSB安西幸輝、サークル・ブルージュで奮闘するCB植田直通、横浜で逞しく成長するCB畠中槙之輔のアピールにも期待したい。

【日本代表PHOTO】キリン杯・パラグアイ戦、W杯アジア2次予選・ミャンマー戦に臨む招集メンバー23人

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ