【J1採点&寸評】仙台2-2川崎|圧巻2ゴールの長沢は「7」! 川崎は田中と長谷川が奮闘

カテゴリ:Jリーグ

小林健志

2019年08月18日

仙台――平岡がロングフィードで長沢のゴールをアシスト

【警告】仙台=長沢(75分) 川崎=車屋(72分)、新井(81分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】長沢駿(仙台)

画像を見る

[J1リーグ23節]仙台2-2川崎/8月17日(土)/ユアスタ
 
【チーム採点・寸評】
仙台 6
久々に3バックで戦い、序盤は一方的に押し込まれて失点。しかし慣れてくると川崎の空いたスペースを突けるようになり、後半相手の背後を取って一度は逆転。同点に追いつかれたが、上位相手に勝点1はまずまずの結果。
 
【仙台|採点・寸評】 
GK
24 ヤクブ・スウォビィク 5.5
2失点とも前に飛び出したところでの失点でポジショニングに課題が残った。ロングキックも精度を欠く場面があった。
 
DF
4 蜂須賀孝治 5
クロスから決定機は作ったが、1失点目は登里の動きにつられて阿部を離してしまい、2失点目も長谷川に競り負けた。本人も「どちらも自分のところでやられた」と反省しきり。
 
23 シマオ・マテ 6
前半は3バックの中央でポジショニングが良くなかったが、後半は動きを修正し本来の人への強さや、高さ勝負の強さを出すことができた。
 

13 平岡康裕 6.5
1失点目は阿部のシュートを許してしまったが、後半正確なロングフィードで長沢のゴールをアシスト。その後もゴール前で身体を投げ出すプレーが多く、攻守で大きくチームに貢献した。
 
2 永戸勝也 6
久々に3バックの左で出場だったが、序盤の関口の負傷により左ウイングバックへ。最初は守備で戸惑いを見せていたが、徐々に修正し、後半は攻撃にも出られるようになった。
 
MF
17 富田晋伍 6
前半はチームとしてバランスをうまく保てず、1ボランチとなった自身の脇のスペースを使われたが、後半は松下か道渕が下りるようになり、持ち前のボール奪取や奪ってからの正確なパスを見せることができた。
 
8 松下佳貴 5.5
積極的に決定機に絡もうとしていたが、前に出過ぎるあまり、川崎の中盤の選手にスペースを与える場面や、球際の部分で弱さを見せる場面があり、守備に課題が残った。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ