「ガラクタだ…」「デンベレよりいいな」アーセナルの21歳が決めた“珍ゴール”に非難と皮肉のコメントが殺到!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月05日

守護神レノはそこにいなかった…

痛恨のオウンゴールを喫したメイトランド=ナイルズ。余裕のある状況だったが…。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間8月4日、ジョアン・ガンペール杯が開催され、ホームのバルセロナがアーセナルに2-1で勝利を収めた。

 90分にルイス・スアレスが叩き込んだ決勝弾となるジャンピングボレーが話題となったこの試合で、“珍ゴール”が生まれていた。決めたのは、アーセナルの右SBを務めた21歳のエインシュリー・メイトランド=ナイルズだ。

 36分にピエール=エメリク・オーバメヤンの得点で先制したガナーズが、1点をリードして迎えた69分だった。

 バルサのアントワーヌ・グリエーズマンが出したパスをスアレスが収められず、ボールはメイトランド=ナイルズの元へ。これをダイレクトでGKにバックパスしようとしたのだが、飛び出してきていた守護神ベルント・レノは、そこにいなかった。

 ボールはそのままゴールに吸い込まれ、痛恨のオウンゴール。落胆を隠せないアーセナルは、スアレスのゴラッソで逆転を許したのだった。

【動画】スアレスが決めた圧巻のゴラッソはこちら!
 
 完全な連携ミスで喫したこの失点には、次のような非難と皮肉のコメントが多数寄せられている。

「ガラクタだ…」
「クソだな」
「アーセナルが新しいストライカーを獲得?」
「デンベレよりいいな」
「年間最優秀ゴールに!」
「前線ばかり補強するから…」

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ