久保建英はモドリッチの控え? スペイン全国紙がマドリーの「最新序列」を掲載!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月04日

プレシーズンマッチ5試合の出場時間を元に作成

『MARCA』紙が掲載した、出場時間に基づくマドリーの最新序列。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 約150億円を費やしたエデン・アザールをはじめ、ルカ・ヨビッチ、フェルラン・メンディ、エデル・ミリタン、ロドリゴと5人の新戦力を加える大型補強を行なったレアル・マドリー。だが、ここまで5試合を戦ったプレシーズンマッチでは、1勝1分け3敗/11得点・16失点とまったく結果が出ていない。

 8月17日に行なわれるセルタとのラ・リーガ開幕戦まで、残されたテストマッチは2試合。7日のレッドブル・ザルツブルク戦と11日のローマ戦で、ジネディーヌ・ジダン監督はスタメン11人、そしてトップチーム登録の25人を絞り込むことになる。

 そんななか、スペインの全国紙『MARCA』が、5試合のプレシーズンマッチの出場時間を元に作成した、マドリーの最新序列を掲載した。

 あくまで強化試合の結果であり、もちろん出場時間が長い選手が必ずしも先発の座を勝ち取れるわけではない。しかも、コパ・アメリカに出場したカゼミーロやミリタン、同じくコパ組で去就が注目されているハメス・ロドリゲスなど、まだ試合に出場していない選手はここに含まれていない。

 とはいえ、少なくともジダン監督がどの選手を主力として考えているのかは、窺い知ることができるだろう。

 ちなみにフォーメーションは、アンカーのカゼミーロが不在だったこともあって、この5試合で多く採用された4-4-2をベースにしている。

―――◆―――◆―――◆―――◆―――

 
 ティボー・クルトワ(出場時間135分。以下同)が左足首の怪我で途中離脱したGKは、ケイラー・ナバス(270分)がチャンスを得て、好セーブを連発している。U-20ワールドカップでウクライナを初優勝に導いたアンドリー・ルニン(45分)は、フェネルバフチェ戦の後半にピッチに立った。

 最終ラインは、右から、ダニエル・カルバハル(218分)、ナチョ(259分)、セルヒオ・ラモス(260分)、マルセロ(290分)。ナチョはアーセナル戦で退場したものの、ここまで2ゴールを決めるなどモチベーションの高さが感じられ、ラファエル・ヴァランヌ(229分)よりも長く出番が与えられている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ