メッシはキャラ変した!? マラドーナが代表謹慎処分の“後輩”の変化を語る「いまの方が好きだ!」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月05日

「マラドーナ・モードに入ったように見える」

納得のいかないことに苦言を呈するようになったメッシ。そんな後輩へマラドーナがメッセージを送った。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間8月2日、南米サッカー連盟(CONMEBOL)はバルセロナに所属するアルゼンチン代表のリオネル・メッシに、5万ドル(約550万円)の罰金と3か月の出場停止処分を科すことを発表した。

 先に行なわれたコパ・アメリカでチリとの3位決定戦に臨んだ際、メッシはガリー・メデルと小競り合いを起こしてレッドカードを出されて一発退場となると、試合後の銅メダルの授与は拒否。さらに「僕らが汚職の一部になる必要はない」と運営側を糾弾したうえ、「ブラジルがチャンピオンになることが決まっている大会だった」と、開催国のために仕組まれた出来レースだったと不正を訴えた。

 CONMEBOLを侮辱したと取られてもおかしなく発言だっただけに処分は仕方がない。だが、これまで感情を剥き出しにすることがなかったメッシの言葉に周囲は驚いた。元パラグアイ代表の守護神ホセ・ルイス・チラベルトは、地元ラジオ局『La Red』で、「メッシがやったことは完璧だったと思うし、私は賛同する」と賛辞を贈ったほどだった。

 失意の敗北から約1か月が過ぎ、メッシはクラブに合流することなく長めのバカンスを送っている。自身のSNSにはビールを片手に家族と余暇を楽しむ姿が公開されている。

 そんなアルゼンチン代表FWに偉大なる先達からメッセージが届いた。ディエゴ・マラドーナだ。

 言わずと知れたアルゼンチン代表のレジェンドは、母国メディア『Tyc Sports』の取材に対し、「私はいまのメッシの方が好きだ」と意見した。

「コパ・アメリカでのメッシは、私には何というか“マラドーナ・モード”に入ったように見えた。あらゆることに抗い、どんな不正が行なわれた試合でもピッチで周囲を引きつけ、そこで感じたことを恐れずに口にする。私はそんないまのメッシが好きだ。家族と一緒にいて、犬と遊び、ビールも飲む、そんな姿がいいと思うんだ。たとえ、国歌を歌わずに批判されようとね」

 まるで、これまでのメッシが「“優等生”だった」と言わんばかりのマラドーナは、最後にこうも付け加えている。

「いまのメッシがすることは、全てがアルゼンチンのためになる。蓄えにね」

 はたして、メッシはこの先も“マラドーナ・モード”を貫き、アルゼンチンに悲願のメジャータイトルをもたらせるのか。代表謹慎明けのパフォーマンスに注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ