「最高のニュース!」「ジダンはクボに恋している」久保建英の活躍をスペイン紙が激賞!「トップチームに残すべきか」と緊急アンケートを実施

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年08月01日

短い出場時間でインパクトを残す

日増しに声価を高めている久保。“開幕一軍”の可能性は? (C)Getty Images

画像を見る

 18歳の日本代表FWへの称賛が止まらない。

 レアル・マドリーは現地時間7月30~31日にミュンヘンのアリアンツ・アレーナで行なわれたアウディ・カップに臨んだ。準決勝でトッテナム・ホットスパー戦に0-1で敗れたものの、翌日の3位決定戦では、5-3でフェネルバフチェとの撃ち合いに勝利。1勝1敗の3位で大会を終えている。

 この2試合で、10分と17分という短い時間ながら、小さくないインパクトを残したのが、久保建英だ。

 2戦とも得意ではない右足で「あわや初ゴール」という惜しいシュートを放てば、柔らかいボールタッチからの的確なパスでチャンスを作り出すなど、堂々たるプレーを見せた。

 実際、スペイン全国紙『MARCA』が、試合後に行なったファンによる評価アンケートで、久保はトッテナム戦が2位、フェネルバフチェ戦が1位とビッグネームたちを抑えて、高い支持を受けている。

 この活躍を受け、MARCA紙は「マドリーはクボに興奮している」との見出しで、この若武者を大きく取り上げている。

「日本のタケフサ・クボは、おそらくマドリーのプレシーズンにおいて最高のニュースだ。ジダン監督は、フェネルバフチェ戦で再び数分間のチャンスを与え、またしても輝きを放った。彼がプレーするたびに、無限の可能性と注目に値するパフォーマンスを見せ、どのカテゴリーでプレーさせるべきかという問題を引き起こしている」
 
 そこで、同紙はウェブ上で「クボをどこでプレーさせるべきか?」というファンへ向けのアンケートを実施。「トップチーム」、「カスティージャ(Bチーム)」、「1部の他のチームにレンタル」の3択で投票を募っている。

 日本時間20時の時点では、6万8000人以上が投票し、次のような結果となっている。

・トップチーム 50%
・カスティージャ 9%
・1部の他のチームにレンタル 41%

「トップチームでプレーするべき」という意見が過半数に到達。多くのファンが、2部B(実質3部)のカスティージャに送るのには反対しているようだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ