「活躍している同年代に負けない!」ノーゴールでインターハイを後にする尚志・染野唯月が示した新たな決意

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2019年07月31日

鹿島内定のエース、染野がベンチに下がった直後に失点…

今大会注目のFW尚志・染野はノーゴールに。冬の選手権に向けてさらに成長した姿を見せられるか。写真:安藤隆人

画像を見る

[インターハイ準決勝] 富山一1-0尚志/7月31日/吉の浦公園ごさまる陸上競技場 (ローン)
 
 鹿島アントラーズ加入内定のストライカー・染野唯月(3年)の高校最後の夏はベスト4で幕を閉じた。


「全国制覇をするためにここにきた。プロが決まってホッとしているが、次は尚志で全国制覇をする。それしか考えていません」
 
鹿島内定発表会見の時、彼はこう語っていた。そして、インターハイで激戦区を勝ち抜いて、準決勝まで駒を進めた。
 
尚志にとっては初のインターハイベスト4。チームの歴史を塗り替え、いよいよ全国制覇に向けてさらなる加速をする時だったが、現実は厳しかった。
 
 準決勝の富山一戦。大会前の怪我の影響で、これまでずっとベンチスタートだったが、この試合は満を持してスタメンに起用された。
 
 9分には左からのクロスを受けると鋭く反転して強烈なシュートを放つが、これはGKに弾かれ、強烈な勢いを持っていたボールがバーを直撃するなど、前半は存在感を示した。
 
しかし、怪我の影響からか運動量が落ち始め、チーム全体にミスが目立つようになると、徐々に富山一にリズムが移行していく。そして、さらに動きが落ちてきたため、後半25分にはMF山内大空(3年)と交代を余儀なくされた。
 
染野がベンチに下がった直後の後半28分、富山一MF小森登生(3年)に決勝弾を浴び、0−1のまま敗戦。染野のインターハイはノーゴールに終わった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月11日号
    1月28日発売
    2021年度版
    J1&J2全42クラブ
    戦力充実度
    ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ