• トップ
  • ニュース一覧
  • 徳島市立の悩ましくもハイレベルな守護神争い。プロ注目GKにも「俺より上手い」と言わしめる二番手GKの胸の内

徳島市立の悩ましくもハイレベルな守護神争い。プロ注目GKにも「俺より上手い」と言わしめる二番手GKの胸の内

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2019年07月26日

昨年の総体優秀選手にも選ばれた中川真がスタメンも、PK戦で二番手の米田世波が登場

初戦をPK戦の末に突破した徳島市立。PK戦では終了間際に投入された米田がゴールを守った。写真:森田将義

画像を見る

[インターハイ1回戦]徳島市立0(5PK3)0佐賀北/7月26日/南城市陸上競技場
 
 ゴールキーパーというのは、とても難しいポジションだ。1試合を通じて良いプレーを見せても、わずかひとつのミスで失点し、試合に負けることも珍しくない。試合の勝敗を左右する要職を担うため、責任は他のポジションと比べてとてつもなく重い。そして、他のポジションと何よりも違うのは、定位置がひとつしかないということだ。どれだけ頑張っても、さらなる実力者がいれば出番はなかなか回ってこない。同じ学年にふたりの実力者がいれば、どちらをベンチに置くか指導者の頭を悩ませる。


 今年の高校サッカーで言えば、徳島市立高の河野博幸監督がこの問題に直面している。一番手は昨年のインターハイで優秀選手に選ばれ、高校選抜の候補に挙がったGK中川真(3年)。188センチの上背を活かしたハイボールの強さとガッツ溢れるセービングが売りで、プロからも注目されている選手だ。
 
 本来なら彼が不動のポジションを掴んでいてもおかしくないが、二番手に控えるGK米田世波(3年)も中川に劣らぬ実力だ。身長は181cmと中川よりも少し小柄だが、中川が「全然、俺よりも上手い。身体のバネと俊敏性があって、足もとの上手さもある。俺の身長と気持ちがなかったら、勝てていません」と話すように米田の方が優れている部分も多い。河野監督はふたりを高く評価しているため、練習試合や県大会では併用を続けてきた。
 
 ただ、全国大会となると話は別だ。昨年はインターハイも選手権も中川がゴールマウスに立ち、米田はベンチを温めてきた。この日の試合もこれまで同様にスタメンは、中川だった。今までは自分が出たいという気持ちもあったが、「真を信頼しているので今日は”任せた”という感じでした」と振り返る。
 
 昨年と違うのは終盤までスコアレスで試合が進んだことだ。河野監督はそのまま中川でPK戦に挑もうと考えていたが、「練習のPK戦で当たっていた米田に代えましょう」というGKコーチのアドバイスを受けて、後半のアディショナルタイムに米田を投入した。
 
【関連記事】
【総体1回戦】青森山田、尚志、清水桜が丘などが2回戦へ! 千葉代表の日体大柏はPK戦で涙…
【高校サッカー勢力図】2019総体出場プレーヤー数・都道府県別ランキング!1位常連の東京に並んだのは…
2年生にして青森山田の守備の要!背番号5を受け継いだ藤原優大は「自分にはチームを引っ張ることが求められている」と覚悟
優勝候補同士の大一番を制したのは青森山田! 浦和内定の主将・武田英寿は「次も非常に強い相手」と九州の強豪を警戒
いよいよ開幕目前! 沖縄インターハイを彩る“必見タレント”を編集部が厳選!~FW編

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ