【鹿島】「マジ楽しくない」だから今季は“ふざける”。プロ9年目の土居聖真の真実

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年07月26日

随所にキレキレ。前線で抜群の存在感を発揮

近年は思い悩んでいた。「俺、こういう選手じゃない」と。しかし「楽しむこと」をテーマにした今季は――。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 今季の土居聖真は、ちょっと違う。
 
 プロ9年目の27歳。「経験の塊みたいなものが、ある程度、形になったのが今かな。年齢も、経験も、クラブでの立ち位置も、そういうものがギュッと詰まって、それをプレーで示せている」と手応えを口にする。
 
 今季のJ1では、大分との開幕戦こそ途中出場だったが、その後は19節の仙台戦まですべて先発に名を連ねるなど、不動のレギュラーとして奮闘を続けている。得点は4ゴールと、現時点でそこまで際立つ数字を残しているとは言えないが、6節の名古屋戦(〇2-1)では逆転勝利を呼び込む同点弾、14節のG大阪戦(△1-1)でもチームを敗戦から救うゴールと、ここぞという時に頼りになる働きぶりを披露している。
 
 連覇を狙うACLでは、広島とのラウンド16、1-0で勝利したホームでの第1レグではセルジーニョの決勝点をアシストし、第2レグは2-3の敗戦も、8強進出に導く値千金のアウェーゴール2発を叩き込む。ここにきて決定的な仕事が増えた印象だが、とにかく随所にキレキレのプレーを見せ、前線で抜群の存在感を発揮しているのだ。
 
 継続的なハイパフォーマンスの理由は「楽しむこと」。それは久しく忘れかけていた感情でもあった。
 
 近年を思い返せば、「良くも悪くも、真面目にサッカーをやりすぎていた」。こういうボールが来たら、こうしなければいけない。こういうシチュエーションでは、このプレーを選択するべきだ。そんなセオリーに沿った振る舞いを、最優先に考えている自分がいた。
 
 なぜ、そうなったのか。
 
「ここ2年ぐらいは、『これからはチームを引っ張っていかなければ』とか『聖真はそういう年齢になったから』とか、そんな声も聞こえてきて。ユース出身だし、伝統の8番だし、とか。もちろん、自覚はありましたよ。でも、周りのそういう期待のせいにするつもりは全然ないんですけど、ふざけたプレーはできない、“かたく”サッカーをしなくちゃ、頑張ってやらないと、みたいに考えるようになって……」

【鹿島2-1鳥栖PHOTO】主力が移籍も問題なし!若手も台頭し勝利した鹿島が3連勝!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ