【鹿島】ゴールの予感は「全然なかった」それでも土居聖真が2得点できた理由とは?

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年06月26日

「退場よりも、1点が欲しかった」

チームを8強に導く2得点。土居はますます相手にとって“怖い”存在になりつつある。写真:滝川敏之

画像を見る

敵の戦意を削ぐ値千金の追加点。無人のゴールに正確なシュートを流し込んだ。写真:滝川敏之

画像を見る

[ACLラウンド16]広島3-2鹿島/6月25日/広域公園
 
 結果的に土居聖真の2ゴールが、鹿島を2年連続のACL8強へと導いた。
 
 ホームで迎えた1週間前のラウンド16の第1戦は1-0の勝利。敵地での第2戦、序盤から劣勢を強いられるも、33分にワンチャンスをモノにする。相手ゴール前でこぼれ球を拾った土居が正確なミドルシュートを突き刺し、貴重なアウェーゴールを挙げる。
 
 だが後半に入ると、66分、72分に失点。完全に広島の勢いに押され、あと1点を奪われると鹿島の敗退が決まるなか、89分、広島のGKも攻め上がる相手のCKからのカウンターで、土居が無人のゴールにめがけて遠目からの一撃を流し込む。敵の戦意を削ぐ、値千金の追加点だった。
 
 終了間際にPKで3点目を奪われて、トータルスコア3-3となったが、アウェーゴール数の差で鹿島が勝利。ちなみに、第1戦はセルジーニョが決勝点をマークしたが、その得点をアシストしたのも土居。背番号8がベスト8進出の立役者といっても過言ではない。
 
 もっとも、第2戦での2ゴールという際立つ活躍ぶりを、本人はまったく想像していなかったという。今日は決められそうだと、そんな予感もあったのではないかと訊けば、「全然なかった。まったくと言うほどなかった」。
 
 ただし、「決定機は絶対に作ろうと思っていた」。それが自分のゴールなのか、味方へのアシストなのかは分からないが、「そういうチャンス」は必ず自分が演出してみせる、と。
 
 いくらチームが攻め込まれていても、「割り切って、後ろにある程度は任せて、チャンスがあったら狙っていこうと」前線でスタンバイしていた。
 
 自分がやるべきことは、勝負を左右するような決定的な仕事――それに徹する。だからだろう、広島のGK中林洋次が一発レッドで退場となっても、「自分としてはあんまり良い感触ではなかった」と独特の表現で振り返る。
 

 74分、速効からドリブルを開始した土居は、前に出ていたGK中林を抜きにかかる。中林はたまらず土居を倒してしまい、このファウルで退場処分となる。数的優位の状況を作り出したのも土居だったが、「相手はレッドカードになりましたけど、“スーパー決定機”だったので。退場よりも、1点が欲しかった」と悔やんだ。
 
 そうしたコメントからも、自分が勝負を決定づけるんだという強烈な責任感が伝わってくる。ゴールの予感はなかったが、“自分がなんとかする”といった覚悟でプレーしていた土居は、次のようにも語っていた。
 
「後ろも頑張ってくれていたので。(監督の大岩)剛さんも、最後まで(自分を)代えずに残してくれて、それに応えなければと思ったし。本当に、全員で戦っていた。自分がなんとかしなければという想いはあった」
 
 相手のギャップに入り込み、巧みにパスを引き出す。鮮やかなターンでマーカーを外し、攻撃をスピードアップさせる。そうした高い戦術眼とテクニックで攻撃をリードするだけでなく、ゴールも陥れる。土居は相手にとって、ますます“怖い”存在になりつつある。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【ACL PHOTO】広島 3-2 鹿島|広島が逆転勝利するも、アウェーゴールの差で鹿島が2年連続ACL8強入り!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ