久保建英が実戦デビューしたマドリー、バイエルンに完敗でICCの初戦を飾れず

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月21日

久保は後半頭からピッチへ

新加入のアザールが先発したマドリー。後半はメンバーを総入れ替えした。(C)Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーは現地時間7月20日、アメリカ・ヒューストンのNGRスタジアムでのインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)で、ブンデスリーガ王者バイエルンと対戦。ジダン監督は新戦力のアザールら現状のベストメンバーを送り出し、注目の18歳、久保建英はベンチスタートとなった。
 
 立ち上がりから両チームが積極的に攻め合う展開となった試合は、15分にバイエルン  が先制する。パス交換から抜け出したアラバの折り返しをトリソがシュート。一度はマルセロにブロックされたものの、こぼれ球を詰めてネットを揺らした。
 
 マドリーはその2分後、マルセロのピンポイントクロスにベンゼマがヘッドで合わせるも、枠に収められない。この9番は24分にもエリア内でシュートを放つもGKノイアーの正面を突く。
 
 29分にはチアゴ、サンチェスに続け様にミドルシュートを浴びたものの、これは守護神クルトワが防ぐ。
 
 この時間あたりから、アザールがいい形でボールを受けるようになり、38分には左サイドから持ち込んで狙いすましたシュートを放ったが、ノイアーのセーブに防がれた。
 
 1点のビハインドで前半を折り返したマドリーは、ハーフタイムに先発11人を総入れ替え。久保はトップ下に入り、実戦デビューを飾った。
 
 いわばBチームになったマドリーに対し、バイエルンが地力を見せつける。67分にレバンドフスキが振り向き様のシュートを突き刺せば、その2分後には左サイドからのクロスをニャブリがワントラップして叩き込み、一気にリードを広げた。
 
 81分には1対1で抜け出したロドリゴがファウルを誘い、バイエルンのGKウルライヒを一発退場に追い込む。このFKをロドリゴ自らが決めて1点を返すも、試合はこのまま終了。1-3でICCの初戦を落としたマドリーは、現地時間23日にアーセナルと対戦する。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ