まさに会心の勝利。リーグ3連覇へ王者・川崎が大一番“多摩川クラシコ”で示した極上のパフォーマンス

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年07月15日

なによりも感じられたのは“闘う姿勢”だ

FC東京に快勝した川崎。素晴らしい内容で大一番を制した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1・19節]FC東京0-3川崎/7月14日/味の素スタジアム

 リーグ3連覇を目指す川崎にとって、今季のターニングポイントと呼べる試合になるのかもしれない。
 
 相手は勝点7差の首位FC東京。消化試合がひとつ少ない川崎だが、これ以上離されるわけにはいかない。通算34度目、令和初の多摩川クラシコは、覇権争いを占う重要なゲームとなった。
 
 その勝負の一戦で川崎は見事なパフォーマンスを示し、3-0でライバルチームを下してみせたのだ。
 
 闘う姿勢、勝利への執念――。この日の川崎からは、大一番へ懸ける想いがこれでもかというほど感じられた。
 
 車屋紳太郎は「みんな気合いが入っていましたし、アップの時のサポーターの雰囲気を見てこれでやらなくちゃ男じゃないと思いました」と振り返り、中村憲剛も「今日のようなゲームは技術、戦術もありますが、闘う部分、走る部分がフォーカスされると思います」と語る。
 
 立ち上がりはこれぞ“クラシコ”と言える激しい攻防で、球際で両チームが激しくぶつかりあい、主導権争いを展開。ただ前から果敢なプレスを仕掛け、奪えば持ち前のパスワークで崩しにかかった川崎が徐々に自分たちの時間を増やしていく。
 
 ここまでリーグ戦はわずか1敗、13試合負けなしという好成績も、どこか消化不良な試合も少なくなかった川崎だが、この日は“らしい”サッカーを90分を通じて披露。準備してきたセットプレーで先制点を奪うと、その後は「なるべく中からいきったかったが、閉じられた時は外からと、チーム全体で上手く動かせました。中を重点的に使えば外が開くし、バランスよくやれました」とボランチに抜擢された下田北斗が語ったように、柔軟な攻撃で相手に的を絞らせない。
 
 さらに“鬼木スタイル”の真骨頂と言える高い守備意識で、ボールへアプローチし続け、FC東京に思うようなビルドアップを許さない。ハーフコートに押し込むという元来目指してきたサッカーをこの大一番で見事に示したのだ。
 
 特に54分と69分に奪ったゴールは秀逸だった。54分の齋藤学の得点は小林悠、中村、小林、齋藤と華麗なパスワークで相手の中央を崩したもの。
 
 そして69分の阿部のゴールは、GKのフィードから小林、中村とつなぎ、齋藤が独走。相手GKとの1対1は阻まれるも、そのこぼれ球に一気にプレスをかけて奪い返し、最後は阿部がコントロールショットを沈めてみせた。

【FC東京0-3川崎PHOTO】白熱の多摩川クラシコは川崎に軍配!敵地で首位を圧倒し3発粉砕!

【小林悠PHOTO】頼れるキャプテンが貴重な先制点を決め、J1通算100ゴール達成!追加点もアシスト!



 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ