「監督のスタイルに順応したい」ポルト移籍の中島翔哉、ポルトガル代表で活躍した指揮官コンセイソンとの相性や起用法は?

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月10日

代名詞の4-4-2をポルトに持ち込む

ポルトへの移籍が決定した中島。崩しの切り札として期待される。※画像はポルト公式ツイッターより。

画像を見る

 現地時間7月5日に、カタールのアル・ドゥハイルからポルトガルの強豪ポルトへの移籍が決定した日本代表MFの中島翔哉。ポルティモンネンセでプレーしていた今年の1月以来、半年ぶりにポルトガルに復帰することになった。
 
 そのポルトを率いるのが、2017年夏に就任したセルジオ・コンセイソン監督だ。ポルトガル代表のウイングとして活躍したことで知られている。
 
 現役時代は、このポルトで評価を高めて、98年夏にイタリアのラツィオへ移籍。加入2年目にはセリエA制覇に大きく貢献した。その後はパルマやインテル、スタンダール・リエージュなどでプレー。56キャップを刻んだポルトガル代表でも、EURO2000のドイツ戦でハットトリックを達成するなど、鮮烈な印象を残した。
 
 10年に引退すると、すぐに古巣スタンダールのアシスタントコーチとなり、指導者の道へ。一気に評価を高めたのが、ブラガ、ギマラエスなど母国の中堅クラブの監督を経て、16年12月に就任したナント時代だ。
 
 降格の危機に瀕していたチームの指揮を任されると、システムを4-3-3から4-4-2に変更。まず組織的な守備を植え付け、カウンターとサイド攻撃というシンプルなスタイルで、見事に蘇生させたのだ。その手腕が評価されて、わずか半年でポルトに引き抜かれたのだった。
 
 この4-4-2はコンセイソンのいわば代名詞で、これまで4-3-3が主流だったポルトでも迷わず導入。資金難でほとんど補強ができなかったチームを巧みにまとめ上げ、就任1年目で宿敵ベンフィカから5年ぶりにリーグ王座を奪還してみせた。
 
 昨シーズンはベンフィカと2ポイント差の2位に終わり連覇は逃したとはいえ、チャンピオンズ・リーグ(CL)でチームをベスト8に導いたコンセイソンの手腕は、高く評価されている。
 
 その44歳の指揮官が、中島に求めているのが、契約切れで退団が決定しているヤシン・ブライミの穴埋めだ。このアルジェリア代表FWは、左サイドハーフとして崩しの核を担っていた。中島がブライミの8番を受け継いだのも期待の表われだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ