「ここにいるのがヤバイ!」再びマドリー公式が動画を公開! 久保建英が超豪華メンバーと飛行機で…

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月09日

“銀河系軍団"にあって堂々たる佇まい

マドリーのトップチーム帯同を認められ、キャンプ地に移動した久保。これからの2週間強でどこまで名将ジダンに存在をアピールできるか。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 レアル・マドリード・カスティージャへの入団を果たし、7月7日に現地入りした日本代表MF久保建英。翌8日には新シーズンに向けたチームが始動し、久保もクラブハウスでトップチームの錚々たるメンバーらと挨拶を交わした。
 
 そして9日の火曜日、マドリー一行はキャンプ地であるカナダのモントリオールに移動。空港で選手たちが専用ジェット機に乗り込む様子を伝えたのが、クラブの公式ツイッターだ。「次のストップはカナダ!」との一文を添えた動画には、先だって発表された29名の遠征メンバーが登場している。

 セルヒオ・ラモスを先頭にルカ・モドリッチ、エデン・アザール、ラファエル・ヴァランヌ、ガレス・ベイル、マルセロら馴染みの面々がバスから降りてタラップを登ろうと待ち受けるなか、18歳の久保も堂々とした佇まいを見せる。ひときわあどけない表情を浮かべながらも、グレーのポロシャツを着込み、同じく新加入のフェルラン・メンディと並んで歩を進めた。

 
 この動画の投稿欄には、やはり興奮した日本人ファンが「改めてここに久保がいるのはやばい」「久保建英この貫禄で10代はえぐい笑笑」とメッセージを書き込んでいるほか、スペインや海外のファンからも「クボもいるな!」「彼がクボだろ?」「アザール、ヨビッチ、クボ、メンディ、ロドリゴ!」など多くの反響が寄せられており、久保に対する注目度の高まりを感じさせる。

 さらに久保は機内で日本語版ツイッターのインタビューに応じ、ファンに向けて「マドリディスタのみなさん、こんちには。いまから飛行機に乗ってカナダに行きます。またカナダで。アラマドリー!」との動画メッセージを送った。
 
 チームはモントリオールで合宿を張り、7月20日にバイエルン・ミュンヘンと、同23日にアーセナルと、そして同26日にはアトレティコ・マドリーと北米でプレシーズンマッチを戦う予定だ。トップチームへの帯同が認められた18歳の至宝が、ジネディーヌ・ジダン監督にどこまでアピールできるか。大注目である。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ